エコペイズの入金方法と手数料比較まとめ

エコペイズの入金方法は主にローカル入金と専用プリペイドカードにわけられます。
オンラインカジノからの出金で口座にお金を入れることができるのも特徴です。

銀行から入金する以外にもビットコインをはじめとする仮想通貨も使えます。
入金手段によって手数料が変わるため、使いわければ節約ができるようになります。

エコペイズの入金方法はローカル入金かプリペイドカード

エコペイズの入金方法はローカル入金かプリペイドカード
エコペイズはイギリスの企業が運営するサービスで、国際的な決済に使えるのが特徴です。
海外サービスになるため入金方法は収納代行業者を間に挟むローカル入金か、専用のプリペイドカードで入金することになります。

ローカル入金は国内業者を間に挟むことで、スピーディーな送金を実現できるのが魅力です。
プリペイドカードは銀行振込よりも簡単な手続きで入金できるのがメリットです。

世界情勢の変化で国際送金やクレジットカードを使った入金は使えなくなっています。
テロ防止や犯罪抑止のためにお金の流れを監視するのは常識になっていて、入金や決済手段も限定されることが一般的になっているからです。

入金手段によって手数料が変化するため、使い分けることも大切になっています。

ローカル入金は銀行振込か仮想通貨を利用する

エコペイズのローカル入金は収納代行業者を利用するのが特徴です。
銀行振込と仮想通貨を使った入金が可能で、それぞれ入金手段に応じて手続きを進めていくことになります。

銀行振込の場合、「Wire Pay」か「PandaPay」のどちらかを選択します。
Wire Payは三井住友銀行口座への銀行振込、PandaPayはみずほ銀行口座への銀行振込になるのが特徴です。
それぞれの銀行に口座がある場合は振込手数料を節約できます。
入金の際にかかる手数料が5%で、最低入金額が10ユーロ相当に設定されています。
最低入金額を下回ると振込自体ができないため注意が必要です。

仮想通貨で入金したい場合は「Alternative Payments」を選択することになりますが、入金の手数料が無料なのが大きな特徴です。
振込側になる仮想通貨取引所等の送金手数料は発生しますが、手数料の節約ができます。
どちらも入金が早いのが魅力で、早ければ即日口座に反映されます。

専用プリペイドカードは手続きが簡単なのが魅力

専用プリペイドカードは手続きが簡単なのが魅力
銀行口座や仮想通貨の口座がない場合でも、エコペイズに入金する手段が専用のプリペイドカードです。
「ecoVoucher」という専用プリペイドカードがエコペイズ公式サイト経由で購入できます。

間接的にはなるもののクレジットカードを使ってエコペイズに入金したい人や、銀行振込に不安がある人のための入金手段になっています。
手数料は国によって異なり、日本では2.9%のため銀行振込より割安です。

ネックになるのが額面が選択式で、上限額が150通貨単位になっていることです。
通貨はユーロ、ドル、英ポンドで選択できますが、まとまった金額を入金しようとすると複数枚のプリペイドカードを購入する必要があります。
一枚2万円前後が上限となるため、金額が大きくなるほど手間が増えてしまいます。

選択するストアで上限額が異なるのも特徴です。
銀行振込、仮想通貨、エコバウチャー、それぞれにメリットデメリットが異なるため使い分けるのも方法になっています。

入金方法による手数料の違い

入金方法による手数料の違い
エコペイズの入金方法による手数料の違いをまとめます。

・ローカル入金 銀行振込 5%
・ローカル入金 仮想通貨 無料
・プリペイドカード 2.9%

入金手数料は仮想通貨が一番安い一方、仮想通貨取引所によっては送金の手数料の方が高くなります。
プリペイドカードは手数料が割安ですが、まとまった金額を入金したい場合は複数枚の購入が必要です。
1枚ごとに購入手続きを行い、18桁のコード入力が必要になるため手間が増えてしまいます。

銀行振込は手数料が5%と高くなりますが、まとまった金額の入金が可能で、振込手数料がそれほどかからないのが特徴です。
それぞれ手続きの際に入力が必要な情報が異なるため、メリットとデメリットがはっきりと別れます。
入金したい金額や手間を踏まえた上で、選択するのがおすすめです。

また、オンラインカジノにクレジットカードで直接入金する場合の為替手数料は2.2%程度が目安になります。
クレジットカード会社や為替の変動によって差が出るものの、エコペイズ入金と比較する基準になってくれます。

手数料だけでなく手間も含めて比較するのがおすすめ

エコペイズの入金手段は複数存在し、入金手段によって手数料が変わります。
銀行振込以外にも仮想通貨や専用プリペイドカードの入金ができますが、必要になる手間は人によって異なります。
手数料だけでなく、入金したい金額や手間などを比較した上で選択するのがおすすめです。

自分にとってわかりやすい方法を選ぶ方法もあります。
手続きのわずらわしさや覚える手間を避けると、ストレスが減らせるからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です