オンラインカジノのペイアウト

オンラインカジノのペイアウト

一般的にオンラインカジノが勧められる理由

オンラインカジノは、ペイアウトが高いという理由で、ギャンブル初心者に薦められることが多いです。
ペイアウトというのは、賭け金に対する払い戻しの割合のことです。
このパーセンテージが高ければ高いほどお客さんに戻ってくる金額が高く、このパーセンテージが低ければ低いほどお客さんに戻ってくる金額が低いということになります。
つまり、高い方が損をしにくく、低い方が損をしやすいということが言えます。

そして、国営ギャンブルで言えばこのペイアウト率は、宝くじが50%、競馬や競輪が75%、パチンコやスロットが85%と言われています。
そんななか、オンラインカジノは97%前後という高いペイアウト率を誇っています。
これは、他のギャンブルにはない高いペイアウト率です。
そのため、ギャンブル初心者にお勧めのゲームとしてオンラインカジノが薦められることが多いのです。

しかし、本当にそうでしょうか。
単純にペイアウト率が高い方が利益が出やすいのであれば、オンラインカジノが、もっと話題になり普及していそうなものです。
しかし実際は、まだ日本ではそこまでメジャーなギャンブルになっていません。

一般的にオンラインカジノが勧められる理由

オンラインカジノのペイアウト率の考え方

ペイアウトの考え方には、2つの種類があります。

一つ目は、一回一回の賭けに関してそれぞれペイアウト率に従った割合で掛け金から運営団体側に利益が取られるという仕組みです。
競馬などはそれにあたります。
つまり、ペイアウト率が75%で、掛け金が100万円であれば、25万円という金額が競馬の運営団体に取られるということが確定したうえで、残りの75%の金額を、当たり馬券の報酬金額になるように倍率に割り当てるのです。
そのため、レースごとにお客さんが賭けた金額から正確に同じ割合だけお客さんの手元に賭け金が返ってくるという形になります。

もう一つの考え方は、ゲームを何回も行い、2回目以降のゲームではそれより前に払戻された分の掛け金が使用されるという場合です。
これはパチスロやオンラインカジノの場合の計算方法です。
マシンやゲームごとにこの割合は設定されています。

例えば、10万円分のチップを最初に購入したとします。
そのチップを使いながら様々なゲームを楽しんだとします。
勝ったり負けたりを繰り返しながら徐々に徐々にチップの数が減っていきます。
この場合、実際に賭けに使った金額は10万円よりも圧倒的に多くなります。

例えば、100万円分賭けたとして、ペイアウト率が97%であれば、その段階で3万円マイナスになっているという計算になります。
つまり、初期投資が10万円で、ペイアウト率は97%なのに、実際のペイアウトは70%になっているということなのです。

そのように考えると、必ずしもオンラインカジノの97%というペイアウト率が高いかどうかというのはわかりません。