実力派レオベガスカジノの特徴

海外では2012年から運営開始

海外では2012年から運営開始

レオベガスカジノは2019年12月にオープンした日本語対応オンラインカジノですが、海外では2012年からすでにオープンしています。
オンラインカジノは運営自体がとても難しく、オープンから1年も経たずに閉鎖してしまうことも珍しくはないので、レオベガスカジノのこ長年にわたる運営実績は信頼の証と言えるでしょう。

レオベガスカジノが2012年の運営開始時点から目標にしていたのはどこよりも遊びやすいモバイルカジノの設立です。
その目標は現在完全に叶えられ、キング・オブ・モバイル、モバイルカジノの王様とまで呼ばれるようになっています。
サイトはスマホからのアクセスに特化した作りとなっているので、基本的には必要とする項目へワンタッチで飛ぶことができます。
ゲームもパソコンに劣ることのないハイクオリティで楽しめますし、起動も素早くロードに時間を費やすこともありません。
入出金に関しても同じでクイック入金といった素早く入金できる仕組みを取り入れているので、スマホからの利用であってもストレスフリーで楽しむことができます。

また、業界初のスマホの画面で2つのスロットマシーンを同時にプレイできるマルチプレイ機能という機能も備えているので、どこのオンラインカジノよりも効率よくスロットマシーンをプレイすることができます。
こうした他のオンラインカジノにはない特徴を持っていることにより、レオベガスカジノはオープンした翌年の2013年以降、EGR、International Gaming awardなどの有名な賞を毎年受賞しています。
日本では新しいオンラインカジノとしてその人気はまだそれほどといったところですが、実際のサービスはオンラインカジノの中でもトップクラスのクオリティとなっていますので、初心者の方だけではなく、ベテランプレイヤーも満足することができるでしょう。

安心のマルタライセンスを取得

安心のマルタライセンスを取得

オンラインカジノの安全性はライセンスによって示されています。
ライセンスは合法ギャンブルとしての運営許可証であるため、基本的にはどこのオンラインカジノでも世界各国政府発行のライセンスを保有しています。
ライセンス情報はサイトトップページ最下部付近に掲載されていますので、トップページにライセンス情報を見つけられない場合は悪質オンラインカジノである可能性が高いので利用しないようにしましょう。

レオベガスカジノはライセンス発行国の中でももっとも信頼のおけるマルタ政府発行のライセンスを保有し運営しています。
マルタ政府のライセンス発行審査はライセンス発行国の中でも飛び抜けて厳しく、何度も審査落ちしてしまう場合も少なくはありません。
レオベガスカジノはこのもっとも信頼できるライセンスであるマルタライセンスを保有しているので、その安全性は信頼のおけるものであると言えるでしょう。

ゲーム数は圧倒の1000種類以上

最近のオンラインカジノはゲーム数にも力を入れ500種類以上のゲームを常時提供しているところも増えてきましたが、レオベガスカジノは常時1000種類以上のゲームを提供しています。
しかも、ただゲーム数が多いだけではなく、提携しているゲーミングプロバイダは、ネットエント、マイクロゲーミング、エボリューションゲーミング、プレインゴーなどオンラインカジノ業界では名の知れたところばかりなので、レオベガスカジノで遊べるゲームにハズレは一切ありません。
さらに提携しているゲーミングプロバイダの数は35社にもなるので、同じスロットマシーンにしてもまったく雰囲気の違うゲームを楽しむことができます。
そして、レオベガスカジノはライブゲームにも力を注いでいて、6社のゲーミングプロバイダーと提携し常にクオリティの高いライブゲームを提供しています。
このようにレオベガスカジノは、プレイヤーにとって一番期待するゲームの面に関しても優れているので今後日本人プレイヤーの間でも間違いなく人気のオンラインカジノとなるでしょう。

ゲーム数は圧倒の1000種類以上

総額17万円の魅力的なウェルカムボーナス

オンラインカジノにおいてボーナスは新規プレイヤー獲得に欠かせない重要なプロモーションです。
レオベガスカジノもボーナスをかなり重要視していて、ウェルカムボーナスで受けられる最大額はなんと17万円です。
これほどの高額なウェルカムボーナスを付与しているオンラインカジノはレオベガスカジノ以外にはそうないでしょう。

この17万円のウェルカムボーナスの内訳は、初回入金で最大3万円、2回目の入金で6万円、3回目の入金で8万円となっています。
しかもボーナスに加え、初回から3回目までフリースピンを10回分、トータルで30回分もらうことができるのでお得にスロットマシーンを回すことができます。

そして、レオベガスカジノは、他のオンラインカジノとは違い、ボーナスの付与を出金条件をクリアした後としています。
つまり、入金後にすぐにボーナスを受け取れるわけではなく、ボーナス額の20倍という賭け条件をクリアした時点で口座に付与される仕組みとなっています。
こうした賭け条件クリア後のボーナス付与により、プレイヤー側は賭け条件ことを意識せずに気軽にゲームを楽しむことができます。

ココモ法のメリットとデメリットについて

「ココモ法」とは、負けるほどに勝ったときの利益が大きくなるという、オンラインカジノの攻略法の一つです。
ここでは、ココモ法のメリット・デメリットや注意点を紹介します。

ココモ法のメリットとデメリットについて

ココモ法のメリットとデメリット

・メリット

ココモ法の最大のメリットは、これまで負け続けていても1回の勝ちでそれまでの損失額を取り戻せることです。
「1回の勝ちで利益を出せる」という点ではマーチンゲール法と似ています。
マーチンゲル法は、勝つまではベット額を倍にしていくことが特徴ですが、ココモ法はマーチンゲール法とはベット額が違い、ココモ法の方が損失の積み上げが穏やかです。

損失が大きいと、勝つ自身がない人にとっては精神的な負担になります。
精神的負担が大きければ、焦ってミスをしてしまう恐れがあります。
ココモ法は勝つまでに積み上げる損失額がマーチンゲール法に比べて穏やかなため、精神的な負担が多少軽減するというメリットを得られます。

そして、負けが続くほど勝ったときの利益が大きいこともメリットです。
1回の勝ちでこれまでの損失を取り戻せるということは、損失額が大きいほど利益が大きいといい換えことができます。
単純なたとえですが、1000円の損失よりも10000円の損失の方が回収できる額が大きいことからも、このことがわかります。

・デメリット

ココモ法は3倍配当以上のゲームでしか使えません。
2倍配当のゲームで使用をすると、2,3回目はプラスマイナスゼロにはなっても、その後は損失が大きくなります。
2倍配当のゲームには、ルーレット(「赤or黒」「奇数or偶数」など)、バカラ、ブラックジャックなどがあり、これらのゲームはココモ法には不向きです。

また、勝たなければ損失分を回収できないデメリットもあります。
3倍配当のゲームの勝率は、33.333…%となります。
必ず最後に勝てるとは限りません。

ココモ法は、前回と前々回のベット額を足したものをベットしていく方法です。
1回目に1ドルをベットした場合、連敗が続いて10回目のベット額は55ドル、11回目には89ドルのベット額となり、ここで負けるとトータルの損失額は232ドル(1ドル110円で計算すると25520円)になります。
勝たないと最後には大きな損をします。
ココモ法のメリットとデメリット

ココモ法の賭け方

ココモ法は、前回と前々回でベットした額を賭けていきます。

1回目 1ドルベット
2回目 1ドルベット
3回目 1+1=2ドルベット
4回目 1+2=3ドルベット
5回目 2+3=5ドルベット

このような賭け方をしていきます。

ココモ法の注意点

・3倍配当のゲームに使う
ココモ法が使えるのは、3倍配当のゲームです。
3倍配当のゲームには、ルーレットの「Column(カラム)」と「Dozen(ダズン)」があります。

・連敗するのは当たり前
3倍配当のゲームで勝てる確率は、33.333….%、約3分の1の確率です。
バカラやブラックジャックなど2倍配当のゲームの場合は勝率が2分の1、それに比べると3倍配当のゲームは勝てる確率が低くくなります。
負け続けると焦りが出てしまい、ミスにつながります。
連敗するのが当たり前と心得ておきましょう。

・損失が積み上がる
マーチンゲール法に比べれば損失の積み上がりは穏やかですが、ココモ法は負ける回数が多くなるほど損失額が大きくなります。
1回目に1ドルベットした場合、損失の合計は3回目では4ドル、4回目では7ドルと比較的穏やかです。
しかし、8回目には54ドル、9回目には88ドル、10回目には143ドルと急激に損失額が大きくなっていきます。
「まだ大丈夫」と思っていても急激に損失額が大きくなるので、油断しないように注意が必要です。

・賭け金上限
オンラインカジノの多くのゲームには、賭け金の上限が設定されています。
いくら資金を潤沢に用意しても、いつまでも長々ゲームにかけ続けることはできないのです。

ココモ法の注意点

たとえば、ジパングカジノのルーレットの3倍配当の場合、賭け金上限額は250ドルまでで、ココモ法が使えるのは13回までです。
掛け金が上限に達した場合は、損失額を取り戻せません。
賭け金上限が高く設定されているほど損失を積み上げていくことができますが、最後に勝てなかったときの損失が大きくなったり、軍資金が足りなくなったりしてしまうことがあるので、どこまでで打ち切るのか決めておくとよいでしょう。

・1回目のベット額

1回目のベット額が大きければ、回数を重ねたときのベット額が膨大になっていきます。
つまり、負けが続くほど軍資金が豊富に必要になり、損失は大きくなるのです。
そのため、最小ベット額が低く設定できるゲームがおすすめです。

まとめ

ココモ法は、ハイリスク・ハイリターンな方法です。
負けるほどに勝ったときの利益が大きくなることが期待できますが、負け続けたときの損質が大きくなります。
手持ちの資金と相談しながらゲームを楽しむとよいでしょう。

バカラの基本的なルールを知って楽しもう

バカラはシンプルなルールでありながらも奥が深いゲームです。
オンラインカジノでは定番ゲームの一つとなっています。
シンプルなルールだからこそ初心者でも楽しめますが、ルールをきちんと理解してからゲームに挑戦した方がより楽しめることでしょう。
ここでは、バカラのルールについて紹介をします。

バカラの基本的なルールを知って楽しもう

バカラの基本ルール

バカラは、バンカーとプレーヤーのどちらが勝つのかを予想するゲームです。
勝つと思った方にベットし、賭け方によって配当が変わります。
まず、バンカーとプレーヤーにそれぞれ2枚カードが配られます。
カードの合計の一桁が9または9に近い方が勝ちです。
たとえば、バンカーの合計が16、プレーヤーの合計が18だった場合、一桁目はバンカーが6、プレーヤーが8なので、プレーヤーの勝利となります。
この場合、プレーヤーに賭けていれば配当があります。
基本的には配られるカードは2枚なのですが、3枚目が引かれることもあります。

バカラの基本ルール

トランプの数え方

トランプの数え方には決まりがあります。

・A
1として数える

・2~9
トランプの数字をそのまま数える
例:2のトランプは2と数える

・10・J・Q・K
10として数える

・トランプの数え方の例
A+9=10 一桁の数字で勝負をするので、この場合は0です。
3+6=9
K+J=20 一桁の数字は0
8+8=16 一桁の数字は6

3枚目のカードが配られる条件

条件によっては3枚目のカードが配られます。

プレーヤー側は、最初に配られた2枚のカードの合計によって3枚目カードが配られます。
・合計が0~5の場合 カードが配られる
・合計が6、7の場合 カードは配られず2枚のカードで勝負する
・合計が8,9の場合 すぐさまゲームの勝敗が決まる

バンカー側は、自分側に最初に配られた2枚のカードの合計やプレーヤー側の合計によって3枚目のカードが配られます。
・0~2の場合 1枚カードが配られる
・3の場合 プレーヤーに配られた3枚目のカードが8以外だった場合カードが配られる
・4の場合 プレーヤーに配られた3枚目のカード0、1、8、9以外だった場合カードが配られる
・5の場合 プレーヤーに配られた3枚目のカードが0、1、2、8、9以外だった場合カードが配られる
・6の場合 プレーヤーに配られた3枚目のカードが0、1、3、8、9以外だった場合カードが配られる
・7の場合 3枚目のカードは配られない
・8,9 カードは受け取らず、すぐさま勝敗が決まる

バカラの賭け方

「プレーヤーが勝ち」「バンカーが勝ち」「タイ(引き分け)」「ペア」に賭けることができ、賭け方によって配当が変わります。

・プレーヤが勝つと賭けた場合 配当は2倍
・バンカーが勝つと賭けた場合 配当は1.95倍
・タイに賭けた場合 配当は8倍
・どちらかのペアに賭けた場合 配当は5倍
・プレーヤーペアまたはバンカーペアに賭けた場合 配当は11倍
・パーフェクトペアに賭けた場合 配当は25倍
・ビッグに賭けた場合 配当は0.54倍
・スモールに賭けた場合 配当は1.5倍

ペアとは、最初に配られたカードが同じ数字になることです。たとえば4・4です。
どちらかのペアとは、プレーヤーがペアになる、バンカーがペアになる、どちらもペアになるに賭けることです。いずれかが成立すれば配当があります。
パーフェクトペアは、最初に配られた2枚のカードの絵柄と数字が同じことです。
ビッグはそれぞれに配られたカードが3枚で終了することです。
スモールはそれぞれに配られたカードが2枚で終了することです。

ゲームの進行

オンラインカジノはコンピューターを相手に遊びますが、バカラはディーラーがカードを配っている動画が再生されます。
実際にはバンカーやプレーヤーがいないので、架空のバンカーとプレーヤーにカードを配っていることになります。
そして、あなたはどのようにベットするのかを決めます。
ディーラーはバカラのルールに従ってカードを配っているので、ディーラーによってゲームが操作されることはありません。
オンラインカジノを運営するためにはライセンスの取得が必要で、ライセンス取得後は国による調査があり、イカサマはできないようになっています。

ゲームの進行

バカラの魅力

・ルールがシンプル
バカラはプレーヤー・バンカーそれぞれに配られたカードの合計が9に近い方を当てるシンプルなルールです。
トランプの数え方や
枚目のカードが配られる条件は明確で、複雑なルールはありません。
シンプルなルールなので初心者でも楽しめることでしょう。

大きな配当が期待できる

パーフェクトペアを当てれば配当は25倍です。
高額を手にできるチャンスがあります。
同じ絵柄、同じ数字になることはなかなかないので、ハラハラどきどきとします。

・ライブカジノでも遊べる
バカラをライブカジノで楽しめるオンラインカジノも存在しています。
ライブカジノは生配信される映像を見ながら遊ぶことができて、その場にいるかのような興奮を味わえます。

十重二重に不正対策の施されたギャンブル

海外政府公認の合法ギャンブル

オンラインカジノは完全オンラインのギャンブルであるため、そこに不正やイカサマがあるのではないかと考えてしまうのも仕方のないことだと思います。
ですが実際のオンラインカジノには不正やイカサマなどは存在しません。
誰でも安心してギャンブルを楽しめる環境がしっかりと整えられているため、海外ではオンラインカジノの不正・イカサマが話題に上がることはありません。
日本のギャンブルに当てはめると、競馬や競輪に対して不正、イカサマの心配をすることと同じになります。競馬や競輪で遊ぶ際に不正、イカサマを心配することはありませんよね?

オンラインカジノは海外政府公認の合法ギャンブルです。
つまりこれは、安全なギャンブルであると海外政府が保障していることになります。
オンラインカジノをオープンするには、海外政府から運営を認める証であるライセンスを取得しなければなりません。
海外政府が運営を認めるライセンスですから、もちろんその取得難易度は高く、資金力をはじめ、並の企業の運営実績ではそう容易く取得することはできません。

ライセンスを取得した後は、海外政府の監視下に置かれることになるので、ライセンスを取得したからといって運営の手を緩めてしまうと、運営停止、またはライセンスを剥奪されてしまうことになります。

オンラインカジノはこうした海外政府公認の合法ギャンブルであるため、サービス内容に不正やイカサマは一切なく、その安全性の高さが世界的な人気の理由の一つとなっています。

第三者監査機関による徹底したチェック

世界に2千以上あると言われているオンラインカジノのほとんどが、第三者監査機関に定期的なチェックを受けています。
わざわざ第三者監査機関にチェックを受けているのは、そのオンラインカジノの弱点となる部分を発見して貰い、対策を強化するということだけではなく、オンラインカジノの安全性をわかりやすくプレイヤーに公表するためでもあります。

第三者監査機関による監査結果は、オンラインカジノのサイトにて誰でも閲覧できるようになっています。
その監査結果の中でももっとも注目されるのがペイアウト率です。
監査結果には各ゲームごとのペイアウト率も含まれているので、プレイヤーは事前にどのゲームがどのくらいのペイアウト率を持っているかを確認した上でゲームをプレイすることができます。

また、第三者監査機関の中でもeCOGRA、TSTはチェックが厳しいことで知られています。
この二つの監査機関のうちどちらかから認定を受けているオンラインカジノは安全性、公平性においてまったく心配する必要はありません。
こうした第三者監査機関からのチェックがあることにより、オンラインカジノの安全性はギャンブル業界において非常に高いものとなっています。

ソフトウェアはゲーミングプロバイダよりレンタルしている

オンラインカジノは運営会社がゲームを不正に操作することができないよう、ゲームは外部のゲーミングプロバイダよりレンタルし、それをプレイヤーに提供しています。
オンラインカジノが盛んなヨーロッパには、オンラインカジノのゲームを開発しているゲーミングプロバイダが多くあり、日々ハイクオリティなゲームの開発を行っています。

ゲームの勝敗を左右するプログラムはゲーミングプロバイダにしかわからないので、運営会社が利益目的で不正にプログラムを操作することはできません。
そして、ゲーミングプロバイダも運営会社と同じく、定期的に第三者監査機関のチェックを受けているので、ゲーミングプロバイダも一切不正の入り込む余地のないゲームを開発しなければなりません。
チェックをパスすることができないと、そのゲームの流通をストップしなければならない自体に陥ってしまう可能性もあるので、ゲーミングプロバイダ側も常に慎重にゲーム開発を行っています。

また、ゲームを提供したオンラインカジノで大きなトラブルなどが発生すると、ゲーミングプロバイダにも悪影響及んでしまうこともあるので、ゲーミングプロバイダ側も安全で信頼できるオンラインカジノかどうかをチェックした上でゲームを提供を行っています。

決済の管理は外部の決済サービスを利用

オンラインカジノではゲームだけではなく、決済に関しても外部のサービスを利用しています。
これもソフトウェアと同様、運営会社側が不正に資金移動を制限したりすることがないようにするための対策です。

当然運営会社側が決済サービスに介入できることはなく、資金移動に関してはすべて決済サービスが責任を持って行います。
そして、オンラインカジノが導入している決済サービスは一つではないため、複数の決済サービスの中から自分の入出金方法に合ったサービスを選び利用することができます。

決済サービスもゲーミングプロバイダの場合と同じで、サービスを提供するオンラインカジノが安全であるかどうかをチェックした上でサービス提供を行っているので、世界的に名の知れた決済サービスを多く導入しているオンラインカジノほど、高い安全性と信頼を持ったオンラインカジノであると言えます。

対応している送金サービスの確認は重要

オンラインカジノは手軽に始められる一方で、これからオンラインカジノを始める人は、やはりどこかで「壁が高い」と感じているかもしれません。
一度始めてしまえば決して難しいものではないことが分かるのですが、これからオンラインカジノを始める人にとっては、どのようなものなのかさえよく分からないことでしょう。
そこで、登録から払い戻しまでの流れを解説していきます。

オンラインカジノの登録について

オンラインカジノの登録について

オンラインカジノの登録は、実は決して難しくありません。
厳密には、オンラインカジノ次第で、一口に「オンラインカジノ」と言っても様々な業者のものがありますので、どのオンラインカジノを始めるのかを考えなければなりません。
それぞれ微妙に特徴が異なりますので、公式ホームページをチェックするだけではなく、口コミ等もチェックすることで、自分に合っているのか、魅力的で且つ信頼できるオンラインカジノなのかが分かることでしょう。

オンラインカジノによって微妙に登録方法は異なるのですが、大まかにはメールアドレスと本人確認さえあれば登録は可能です。
本人確認もスマホのカメラで撮影したデータを添付する形で良いので、決して面倒・手間というほどではないでしょう。
いずれにせよ、登録方法に関してはまずは遊んでみたいと思ったオンラインカジノの公式ホームページをチェックしてみると良いでしょう。

対応している送金サービスをチェックしよう

対応している送金サービスをチェックしよう

遊びたいと思ったオンラインカジノを見つけたら、その後は対応している送金サービスをチェックします。
オンラインカジノに於いて、送金サービスこそ肝です。

送金サービスは、日本人ユーザーにとっては馴染みの薄いものかもしれません。
日常生活の中で特に必要なものではありませんので名前そのものさえ初耳だという人もいるかもしれません。

送金サービスとは、文字通り送金するためのサービスです。
銀行等の金融機関に「振り込み」機能があるかと思いますが、振り込みだけを行っているサービスだと考えると分かりやすいのではないでしょうか。
そして、決してオンラインカジノと関係のある業者ではありません。
世界的に見ると、送金サービスにも一定の需要があります。
例えば、金融機関には対応していない異国間での送金等です。

送金サービスでなければ行えないことは、当然ですが送金サービスを利用することになるのですが、オンラインカジノでと考えた時、オンラインカジノのアカウントに直接送金できる国内の金融機関はありません。
しかし、オンラインカジノのアカウントに入金しなければ、お金を賭けることができません。
そのため、送金サービスに登録し、オンラインカジノのアカウントに入金することになります。

送金サービスの選び方

送金サービスもまた、オンラインカジノ同様様々な業者があるのですが、実は選んだオンラインカジノによってほぼ選択肢が決まっています。
なぜなら、オンラインカジノによって対応している送金サービスが異なります。

オンラインカジノを選んだあとに送金サービスを選ぶという流れもそのためです。
先に送金サービスに登録した場合、後に選んだオンラインカジノに対応していない可能性もあります。
その場合、オンラインカジノに対応している送金サービスを選ぶか、あるいは送金サービスに対応しているオンラインカジノを選ぶかになってしまいますので、二度手間にならないためにも、オンラインカジノに登録し、対応している送金サービスを選ぶという流れを覚えておきましょう。

払い戻しについて

オンラインカジノを楽しんで勝利を得た際、払い戻しになりますが、こちらはアカウントに入金する際と逆にすれば良いだけです。
オンラインカジノに勝利すればアカウントには多くの資金が入っているはずですので、その資金を送金サービスを駆使して自分の口座まで運ぶことになります。

送金サービス不要のオンラインカジノもある

送金サービス不要のオンラインカジノもある

送金サービスが不要のオンラインカジノも登場しています。
例えばビットカジノの場合、ビットコインによる入出金になりますので送金サービスではなく、ウォレットから直接移動することになります。
また、ベラジョンカジノの場合、日本の口座に直接送金が可能になります。

このように、オンラインカジノ側も次第に使いやすい環境が整えられつつありますので、今後さらに直接送金に対応するオンラインカジノが登場しても決して不思議ではありません。

まとめ

オンラインカジノの登録から払い戻しまでについては、送金サービスが大切だということがわかっていただけたのではないでしょうか。
そして、実際に利用してみると決して難しいものではないことも分かっていただけるかと思いますので、オンラインカジノは決して「ハードルの高いもの」ではないことがわかるはずです。
むしろ送金サービスは、使い勝手さえ覚えてしまえばスマートフォンから手軽に操作できるので、オンラインカジノ以外でも使うケースが出てくる可能性もあります。

ギャンブルの新しい形の開拓者

マイクロゲーミング社、プレイテック社、ネットエント社。
これらの企業は、インターネット時代のオンラインギャンブル革命的なの流れを企業です。

今、ギャンブルの世界では、インターネットを活用したオンラインカジノがギャンブル業界に変革と進化をもたらしました。
その数々の大手カジノサイトに多種多様なゲームを供給してきたことで、時間や場所に縛られることなく、ギャンブるファンは、カジノゲームをを満喫することができています。

では、彼ら企業はどのような歴史と実績を辿ってきたのでしょうか?

プレイテック社

プレイテック社

ネット時代の流れに果敢に挑戦してオンラインカジノの業界の中で、大きく飛躍してきたのがプレイテック社です。

1999年に設立された歴史は、3社の中では比較的に若いオンラインカジノソフトウェア会社です。
しかし、その歴史の歩みは設立してから経営は早くから軌道に乗り、大手カジノからの採用数を着実に増やしてきました。

その結果、僅か7年足らずで2006年に厳しい審査で有名なロンドン証券取引所で上場を果たすまでに成長したのです。
日本でも、完全日本語化対応のゲームコンテンツがユーザーフレンドリーな仕様となっていることで人気となっています。

今ではオンラインカジノのソフトウェア会社として業界最大手のマイクロゲーミング社とシェアを2分するほどまでに大きくなったのも、自社でソフト開発~メンテナンスを行うことによるトータル的な企業力を高めているからです。

同社のソフトウェアは、高いグラフィック性とサウンドで、クオリティーの高いゲームがラインアップさらており、シンプルで操作が簡単な作りとなっています。
また、従来のビデオゲームだけではなく、この数年オンラインカジノの主流になりつつあるライブカジノでも目覚ましい活躍を続けており、リアルタイムな環境でスタジオのディーラーとブラックジャックやポーカーなどのゲームで勝負できるようなゲーム展開も、多くのギャンブラーを魅了しています。

マイクロゲーミング社

マイクロゲーミング社

マイクロゲーミング社は、オンラインカジノ業界では同社の名前を知らないギャンブラーはいないといえる程にメジャーな企業です。
イギリスのマン島に本社を置き1994年に創業した老舗中の老舗企業です。
業界の中では最も歴史が古く、多くの一流オンラインカジノから、同社のソフトウェアを指名採用に近い形で契約数を伸ばしてきました。

マイクロゲーミング社の扱ってきたゲームの数は、その量が多いだけでなく優れた品質であることから、多くのカジノ運営者の高い信頼と評価を獲得しています。
そのことは、同社のソフトを採用しているということで、一流の優良カジノサイトとギャンブラーから認知されるまでになっていることからも理解することができます。

マイクロゲーミング社は、プレイヤーに変な不安感を与えずにゲームで楽しめるに配慮が施されています。
オープンなペイアウト率の公開、安定したサーバー稼働、スピーディーな払い出しなどで、安心・安全な対応をしていることが、ファンからの確実な支持に繋がっているのです。

2005年からはソフトウェアの日本語対応も始まり、今では完全日本語対応に加え、多言語機能も付加されたことで、ますます世界中のオンラインカジノサイトとプレイヤーが増えています。

マイクロゲーミング社のゲームは豊富なゲーム数で、しかも月1回のハイペースで新しいゲームがリリースされています。
このことも、業界トップランナーとしての地位を揺るぎないものにしており、ギャンブラーを飽きさせることない姿勢は量・質とともに間違いなく業界No.1に相応しいものがあります。

ネットエント社

ネットエント社

マイクロゲーミング社、プレイテック社と合わせて必ず出てくるのが、ネットエント社です。
ネットエント社は、モバイルのゲームで高い評価を受けているゲームソフトウェアプロバイダーです。

同社の最大の特徴は、ノーダウンロードタイプのゲームを展開していることです。
Javaflashのアプリをベースに開発されており、flashのアプリを端末にインストールしておくだけで、スムーズなゲーム展開を実現させています。

今までのアプリダウンロード型は、パソコンやスマホ内のストレージ容量を大幅に占有させてしまうので、プレイ時に大きな負荷がかかっていました。
しかし、ノーダウンロード型では、レスポンスが遅くなることを意識させることなく、スムーズなゲーム進行でギャンブルプレイが楽しめるのです。
スマホなどのモバイルで、外からでもオンラインカジノを楽しみたいギャンブラーにとっては、スマホ利用では、この点が大きな障害となっていました。

ネットエントのゲームの登場で親しみやすい作りとなり、新たなギャンブルファンを増やしています。
今では、オンラインカジノをスマホ、タブレットで場所を気にせずに賭ける楽しみを堪能したいというニーズが当たり前になっていますが、そのニーズを真正面から受け止めて、チャレンジしたネットエントの貢献度はとても大きいのです。

外出先のスキマ時間を利用して、賭ける楽しみを満喫したいと思うなら、ネットエント系のゲームを選択することがいいでしょう。
ノーダウンロードタイプのゲームは、反応が重たく面白しさも欠けているイメージが先行していましたが、ネットエント系のゲームでは、そのマイナスイメージを完全に取り払っています。
同社のノーダウンロードタイプゲームは、グラフィクス性能、サウンド性能とも優れてシンプルな画面でも、高い臨場感を体感できるようになっています。

完成度の高い仕上りは、ゲームを小さな画面でも楽しくさせくれます。
ネットエントのエンジニアやスタッフの飽くなきチャレンジ精神が結実したものと言えるでしょう。

また、同社のライブカジノも臨場感に溢れており、本場ランドカジノでプレイしているような感覚になります。
ビギナーの人でも、簡単にゲームに参加できるので、直感的にギャンブルに入っていくことができます。

オンラインカジノの基本的な手続きとその方法

日本語対応オンラインカジノを選択する

日本語対応オンラインカジノを選択する

オンラインカジノは世界中に数え切れないほどあり、個々に他とは違った特徴を持っているので、どのオンラインカジノを選ぶのが一番だと断定することはできません。
ですが、日本人にとってのおすすめとなるとある程度オンラインカジノを絞り込むことができます。
なぜならば、オンラインカジノは海外企業が海外で運営しているサービスなので、言語はすべて英語表示となっているのが一般的です。
ゲームの始め方やルール、入出金方法といった重要な部分も英語表示となっているため、日本人にとってはそうした言語の壁が大きなネックとなります。

しかし一部のオンラインカジノは日本語に対応しているため、言語を日本語で表示することができれば、サポートに日本語で不明点を尋ねることもできます。
オンラインカジノを初めて利用するということは、こうした日本語対応を可能としているオンラインカジノを選ぶと良いでしょう。

アカウント登録の仕方

アカウント登録の仕方

オンラインカジノによってアカウント登録の方法には多少の違いがあります。
この違いはソフトウェアのダウンロードが必要か不要かで決まります。

まずソフトウェアのダウンロードが必要な場合についてご紹介します。
ソフトウェアのダウンロードを必要とするオンラインカジノの場合、まずオンラインカジノサイトからソフトウェアをダウンロードします。
ダウンロードしたソフトウェアを立ち上げると、有料でプレイする場合のアカウント登録のボタンがありますので、そのボタンをクリックしアカウント登録を行います。
アカウント登録に必要となるのは氏名、電話番号、住所、生年月日、Eメールアドレスの入力のみです。
Eメールアドレスに関しても、無料で利用できるフリーメールを利用できるので、有料のメールアドレスを持っていないという方でも問題なく利用できます。

また、電話番号も入力することになりますが、オンラインカジノ側から電話連絡が来ることもありませんので、電話番号の入力があるからといって不安を感じることはないでしょう。
こうした簡単な個人情報の入力だけで、オンラインカジノのアカウント登録は完了しお金を賭けてギャンブルを楽しめるようになります。

続いて、ソフトウェアのダウンロード不要で遊べるオンラインカジノのアカウント登録についてです。
最近はスマートフォンの普及もあり、手軽に遊べるブラウザゲームを採用しているオンラインカジノが増えています。
こうしたブラウザゲーム採用のオンラインカジノの場合は、オンラインカジノのサイトからアカウント登録を行います。
アカウント登録へのリンクは大きく目立つようになっていますので、誰でもすぐに見つけることができるでしょう。
アカウント登録の画面に進んだら、氏名、電話番号、住所等の入力を行い、入力漏れがなければ即アカウントを利用することができるようになります。

オンラインカジノへの入金の仕方

オンラインカジノへの入金の仕方はいくつかありますが、初めてオンラインカジノを利用する場合はクレジットカードがおすすめです。
その他のオンライン決済サービスなどの入金手段を利用する場合、アカウント登録に加え本人確認も必要となるので、実際にオンラインカジノで遊ぶためには数日の時間を必要としてしまいます。
オンライン決済サービスは後々出金で利用することになり、後から必ずアカウント登録を行う必要がありますが、それは時間があるときに余裕を持って行うと良いでしょう。

クレジットカードで入金するにはアカウント登録を済ませたオンラインカジノの入院という項目より行います。
その入金の項目の名からクレジットカードを選択します。
入金したい金額を決定すると、カード番号、有効期限、カード保有者の氏名、セキュリティコードの入力画面に映ります。
入力した情報に間違いがなければその場ですぐに入金が認められ、オンラインカジノの口座に入金した金額が反映されます。

オンラインカジノからの出金の仕方

オンラインカジノからの出金の仕方

入金にはクレジットカードをおすすめしましたが、出金にはクレジットカードを利用することができないので、自分の使いやすいオンライン決済サービスを利用し出金することになります。
オンライン決済サービスのアカウント登録はオンラインカジノのアカウント登録と同じくらい簡単ですので、アカウント登録にあたり特別悩んでしまうような点は1つもありません。

オンラインカジノからの出金は出金という項目より行います。
出金の項目を開くと、利用できるオンライン決済サービスの一覧が表示されますので、その中からアカウント登録を行ったオンライン決済サービスを選択します。
入金額を決定し、出金するオンライン決済サービスの情報を入力すると、数時間から翌日以内に出金額がオンライン決済サービスの口座へ着金します。

また、最初の出金の際にオンラインカジノ側から本人確認を求められる場合があります。
本人確認は、免許証、パスポートなどの身分証明書の提出と水道光熱費の領収書等の住所確認書類の提出にて行います。
オンラインカジノのアカウント登録の際に入力した情報とすべて一致していればその後も問題なく利用することができます。
万が一違っていた場合は、アカウントが凍結されてしまいますので、できるだけ早くアカウントの凍結を解いてもらえるようオンラインカジノ側に間違ってしまったその経緯を説明しましょう。

後発だからこそ魅力にあふれた送金手段

オンラインカジノの送金サービスといえばアイウォレット、エコペイズ、ヴィーナスポイント。
この3つのいずれかを使っているというオンラインカジノユーザーが圧倒的に多いことでしょう。
利便性もさることながら、日本語に対応しているという安心感も考えると、これら3つの中からどれかを選んでおけば「無難」であることがよく分かります。

しかし2019年2月、その3強に挑む新しい送金サービスが登場しました。
それが「ペイトラ」です。

ペイトラとは?

ペイトラとは?

ペイトラは2019年2月に登場した送金サービスで、先に挙げた3つの送金サービス同様日本語に対応した送金サービスです。
今後、より大きな注目を集めるだろうと言われていますが、まだまだ先に挙げた3つの送金サービスの牙城を崩せるには至っていません。
その理由として、決して機能そのものが劣っている訳ではないのですが、まだまだ新しいので対応しているオンラインカジノが少ない点が挙げられます。

オンラインカジノによって利用できる送金サービスは異なるため、送金サービスを選ぶ際には、どのオンラインカジノを使えるのかまで考慮する必要があります。
その点に於いても、エコペイズ、アイウォレット、ヴィーナスポイントの3つの送金サービスは多くのオンラインカジノに対応しています。

一口に「オンラインカジノ」と言っても様々なタイプがありますので、送金サービスを利用する際には、利用しているオンラインカジノに対応しているかが前提です。
先に挙げたエコペイズ、アイウォレット、ヴィーナスポイントの3つの送金サービスは、日本人ユーザーから人気を集めているオンラインカジノにほぼ対応しています。
その点からも、3つの送金サービスのいずれかを利用しているユーザーが圧倒的に多いですし、ペイトラが「まだまだこれから」とされている理由でもあります。

ペイトラに対応しているオンラインカジノはジパンググループのもののみとなっていますので、お世辞にも「多くのオンラインカジノに対応している」とは言い切れません。
そのため、使い勝手という点では決して「文句なし」とは言えないでしょう。
しかし、それはあくまでもまだ新しい送金サービスだからであって、今後対応するオンラインカジノが増えていけば、ペイトラの魅力と相まって高い人気を集めるに至る可能性もあります。

ペイトラの魅力とは?

ペイトラの魅力とは?

まだまだ対応しているオンラインカジノが少ないとはいえ、ペイトラは決して悪い送金サービスではありません。
むしろジパンググループのオンラインカジノで遊んでいるユーザーであれば利用を検討する価値はあります。

なにより、ペイトラは手数料がとりたてて安いです。
送金サービスで送金する際基本的に手数料がかかりますが、手数料は安いです。
一度しか送金しないのであれば差額も大した差ではないでしょう。

しかし、何度もオンラインカジノを楽しむのであれば、手数料は安い方が良いのは言うまでもありません。
ペイトラは後発として、手数料がとても安いことをアピールしていますので、この先対応するオンラインカジノが増えていくことで、魅力が高まるのは言うまでもありません。
その点ではペイトラの将来性はとても高いものであることが分かるのではないでしょうか。

まだまだ新規だからこそ

まだまだ新規だからこそ

ペイトラはまだまだ「新顔」です。
業界内で存在感を増すためには、既存のユーザーにアピールしなければなりません。
単刀直入に言えば、先に挙げたエコペイズやアイウォレット、ヴィーナスポイントからお客を奪わなければならないのです。

そのために、キャンペーンを積極的に展開しています。
待っているだけではいつまで経ってもなかなかユーザーを獲得することはできませんので、どうすればyとりユーザーに訴求できるのかという観点から、積極的にキャンペーンを展開しています。
そういった理由から、魅力的なキャンペーンを見つけたら加入してみるのも良いのではないでしょうか。

後発サービスである以上、ペイトラとしてはどうしても「他からお客を獲得する」ことこそが大切になりますので、魅力的なキャンペーンを展開することも珍しくありません。
ペイトラでどのようなキャンペーンを行っているのか、こまめにチェックしておくことでお得なキャンペーンが展開されている時に入会し、多くの特典をゲットすることができることでしょう。
後発である以上、先に展開して既に多くの利用者を抱えている送金サービス業者よりも積極的なので、情報を見逃さないようにしましょう。

まとめ

ペイトラがどのような送金サービスなのかや、その特徴についてまとめてみました。
後発業者として、先人業者から利用者を奪うためにいろいろと仕掛けてきます。
まだまだ対応しているオンラインカジノは決して多くはありませんが、裏を返せば伸び代がある業者とも言えます。
現段階ではそこまで魅力的だとは感じていないとしても、とりあえず一度、ペイトラがどのような業者なのかチェックしておくと良いでしょう。

隠れたメリットが潤沢なギャンブル

日本のギャンブルは海外と比べると色々違ったジャンルとなっているのですが、中でもカジノの有無はとても大きなものとなってきており、最近では日本にもカジノを作るか否かという議論が本格的になってきています。
そんなカジノをめぐる問題として最近注目されているのがオンラインカジノという存在です。

日本でのオンラインカジノの立場

日本でのオンラインカジノの立場

先程述べたように日本では実店舗でのカジノはまだ1軒も存在しません。
これは日本の賭博法などにも関わってくるのでしょうが、現在日本で遊べるギャンブルは競馬や競輪、パチンコやパチスロ、そして宝くじなどに限られます。
しかしこのような状況でもネットを検索するとオンラインカジノは日本人でも簡単に遊べるという広告があり、実際に遊んでいる方も増えてきました。

このオンラインカジノというものは海外の企業が経営しているものであり、これをパソコンやスマホで日本にいながらでも遊べるという仕組みになっています。
そのためにこれらもオンラインカジノは日本の賭博法の範囲外の扱いになっており、現在時点では個人で遊ぶ際には特に法に問われないという状況なのです。

オンラインカジノとカジノカフェについて

少し前にオンラインカジノ関連でニュースになったこととしては、カジノカフェの摘発があります。
こちらはネットカフェ内において客にオンラインカジノをプレイさせていたのですが、実はこの時にポイントを現金と交換していたことが賭博法に抵触しました。

あくまでもお店と挟んでしまったことや現金のやり取りが発生したことが原因であるので、現在日本ではオンラインカジノ自体を個人で遊ぶ分には問題はありません。

オンラインカジノと色々な社会問題

オンラインカジノと色々な社会問題

このようにオンラインカジノは色々な社会問題を抱えていることもあり、個人がそのリスクをしっかりと知っておくと遊ぶ時にも安心できます。
オンラインカジノの社会問題に関しては、まず全体的なギャンブルが抱える問題点と、オンラインカジノならではの問題点の2つの側面があります。

オンラインカジノを含む全体的なギャンブルの問題としては、ギャンブル依存症という点は大きく議論されています。
オンラインカジノは自宅でパソコンやスマホを使って手軽にできる分、のめり込むスピードも早いという点も気をつけるべきです。
お金の決済なども電子サービスで手軽にできることもあり、このような点も含めギャンブル依存症の問題は常につきまとうものとなります。

オンラインカジノならではの問題点

ギャンブル依存症という包括的な問題点だけではなく、オンラインカジノならではの問題点というものも考えておきましょう。

まずは現在の日本でのオンラインカジノの立場ですが、あくまでも現行の賭博法には抵触しないというレベルなので、この点は気に留めておきましょう。
当然ですが日本にも今後実店舗のカジノが作られるにつれて、オンラインカジノも法的に認められる可能性は十分にあります。

オンラインカジノの問題点としては、最近店舗数がどんどん増えてきており広告なども多く、どれを選べば良いのかが分かりづらいという点もあります。
国や公的な認証機関のライセンスを取得しているオンラインカジノはかなり安全ですし、日本語サポートが充実しているお店を選ぶとトラブルなどが起こった際に便利です。

オンラインカジノならではのメリット

オンラインカジノならではのメリット

ここまでオンラインカジノが抱える問題点やデメリットなどを述べてきましたが、実際にプレイをしてみると様々なメリットもあるので活用しましょう。

まずオンラインカジノでは様々なキャンペーンやボーナス配布を定期的に行っており、これを活用するだけでも多くのゲームが遊べるのは嬉しい点でしょう。
オンラインカジノという性質から色々なお店をつまみ食い形式で遊べるのもメリットです。
実店舗のカジノをつまみ食い的に複数件はしごするのは物理的に無理がありますが、オンラインカジノならばお得なキャンペーンやボーナスの時だけ遊びに行くことが簡単にできます。
もちろん最近のオンラインカジノでは無料で遊べる種類のゲームも増えてきたので、簡単にお試しプレイができるのも嬉しい点でしょう。

オンラインカジノの遊び方や手続きについて

オンラインカジノを遊ぶ際にはそのお店での登録手続と共に、入出金の決済方法を選ぶ必要があります。
これらは最近だと電子決済サービスが主流であり、特に出金時の手軽さは抜群となっています。
エコペイズやアイウォレットなどの電子決済サービスは非常に人気ですが、入金の場合だとクレジットカードなどもよく使われています。
また最近だとビットコインなどの仮想通貨などがオンラインカジノでも使用可能となってきており、様々な決済方法を選ぶことができます。

最近のオンラインカジノはダウンロード型だけではなくブラウザ型のものも増えてきており、スマホなどで遊べるようにもなってきており手軽に遊べます。
電子決済サービスなど入出金の方法を選ぶだけで簡単に遊ぶことが可能なので、自分に合ったオンラインカジノを選んでみてください。

既存法の範疇にない新しいギャンブル

オンラインカジノの歴史や構成

オンラインカジノの歴史や構成

日本では2016年に国会で可決されたカジノ法案によって、それまでなタブー視されていたカジノのことが、大きくクローズアップされました。
それに伴い、オンラインカジノの存在も改めて認識されるようになったのですが、「えっ、そんなギャンブルがあったの?」と思う人もくらいです。

オンラインカジノの歴史は、意外と長く1990年代後半には、イギリスに縁のある小さな国で立ち上がったのが、原点と言われています。
具体的には、アンティグア・パーブーダという国でオンラインカジノの運営許可を示すライセンスの発行を認める法律の制定でした。
この時期は、インターネットが世の中の人々に認知され始めたころでもあることから、オンラインカジノはネット共に歩みを同じにしてきたと言ってもいいでしょう。

オンラインカジノは、インターネット上で公開されているゲームに実際にお金を賭けて、配当金を稼ぐことができるバーチャル型のギャンブルゲームです。
バーチャルとは言え、本場カジノと同じような賭博場で、そこではカードゲームやルーレット、スロットマシンのコンテンツが用意されており、電子決済方式で入金後、ベットする形を取っています。

今でいうサーバー型のシステム構成で作られているギャンブル場と言えるでしょう。

オンラインカジノの魅力・特徴

オンラインカジノの特徴は色々とありますが、まずは豊富なゲームが用意されていることが挙げられます。
ゲームの基本的構成は、ブラックジャック、バカラ、ポーカー、ルーレット、スロットなどですが、これを発展させて、様々なコンテンツが生み出されています。
その数は、数百種類にも上り、世界中に1000サイト以上のオンラインカジノが公開されているのです。

オンラインカジノの違法性・合法性を鑑みる

オンラインカジノの違法性・合法性を鑑みる

今では、日本でもオンラインカジノがの愛好者が増え続けているのですが、合法的なギャンブルなのでしょうか?

日本では、公営ギャンブルの競馬や競輪などに限定されていた賭博もカジノ法案で、オンラインカジノもOKのような印象が持たれるようになりました。
しかし、この法律はあくまでリゾート地の特定地域に限った運営についてです。

このことから、オンラインカジノも違法ではないかという指摘が出てくるわけですが、実際には違法とはなっていません。
それはオンラインカジノが海外で運営されており、そこにアクセスして賭けることになるので、日本国内での賭博行為とは見なされないのです。

その一方で、オンラインカジノを認める法律もないことから、完全な合法とは言い切れません。
したがって、法的な位置付けを見ると、オンラインカジノはグレートゾーンの存在であることから、パチンコのように問題なくプレイすることができるのです。

詐欺的オンラインカジノもある

日本でも問題なく参加できるオンラインカジノでも、闇雲にカジノサイトにアクセスして会員登録をすることは止めた方がいいかもしれません。
世界中に1000箇所も広がるカジノサイトの中には、悪質なオンラインカジノもいるからです。
会員登録はおろか、実際に入金処理まではスムーズにできても、それ以降、ゲームでプレイすることができないということが発生しています。
このことから、オンラインカジノで賭ける前に、健全な優良サイトを見極めなければならないのです。

しかし、その手法は決して難しくはありません。
冒頭でも言ったように、オンラインカジノを正式に運営するためには、カジノが合法化されている国が発行したライセンスを持っておく必要があります。
このライセンスは優良カジノサイトなら、必ずサイトに掲載しているので、それを確認してメンバーになることです。

非常に厳しい審査をクリアした結果のライセンス

非常に厳しい審査をクリアした結果のライセンス

このライセンスを取得するためには、とても厳しい審査を受けなければなりません。
申請して合格するまでの審査は1年以上かかる場合もあります。

その厳しい審査に合格して初めて、ライセンスが発行されるのですが。それだけではありません。
実際にオンラインカジノの運営がスタートしても、その後に審査機関による不定期の監査があるのです。
プレイヤーへの配当金が正しく還元されているか、預り金の管理はしっかりとしているかなど様々な観点から審査を求められるのです。

ここで審査に落ちたなら、ライセンスはすぐに取り消されることになり、カジノの運営ができなくなることから、運営者は徹底した管理を求められることになるわけです。
このようなことから、ライセンスの有無はカジノの信頼性を担保している証となるのです。

ただ、ライセンスを発行する国の中には、南米系の国々は、審査基準に、曖昧なために、ここからのライセンスで運営されているオンラインカジノは、パスした方が無難と言われてきます。
信頼の高い国としては、イギリスやジブラルタル、マン、マルタがあり、これらの国からライセンスを受けたオンラインカジノには、著名な所がたくさんあります。
これらのことを気をつけて参加すると、安心してプレイすることができます。