後発だからこそ魅力にあふれた送金手段

オンラインカジノの送金サービスといえばアイウォレット、エコペイズ、ヴィーナスポイント。
この3つのいずれかを使っているというオンラインカジノユーザーが圧倒的に多いことでしょう。
利便性もさることながら、日本語に対応しているという安心感も考えると、これら3つの中からどれかを選んでおけば「無難」であることがよく分かります。

しかし2019年2月、その3強に挑む新しい送金サービスが登場しました。
それが「ペイトラ」です。

ペイトラとは?

ペイトラは2019年2月に登場した送金サービスで、先に挙げた3つの送金サービス同様日本語に対応した送金サービスです。
今後、より大きな注目を集めるだろうと言われていますが、まだまだ先に挙げた3つの送金サービスの牙城を崩せるには至っていません。
その理由として、決して機能そのものが劣っている訳ではないのですが、まだまだ新しいので対応しているオンラインカジノが少ない点が挙げられます。

オンラインカジノによって利用できる送金サービスは異なるため、送金サービスを選ぶ際には、どのオンラインカジノを使えるのかまで考慮する必要があります。
その点に於いても、エコペイズ、アイウォレット、ヴィーナスポイントの3つの送金サービスは多くのオンラインカジノに対応しています。

一口に「オンラインカジノ」と言っても様々なタイプがありますので、送金サービスを利用する際には、利用しているオンラインカジノに対応しているかが前提です。
先に挙げたエコペイズ、アイウォレット、ヴィーナスポイントの3つの送金サービスは、日本人ユーザーから人気を集めているオンラインカジノにほぼ対応しています。
その点からも、3つの送金サービスのいずれかを利用しているユーザーが圧倒的に多いですし、ペイトラが「まだまだこれから」とされている理由でもあります。

ペイトラに対応しているオンラインカジノはジパンググループのもののみとなっていますので、お世辞にも「多くのオンラインカジノに対応している」とは言い切れません。
そのため、使い勝手という点では決して「文句なし」とは言えないでしょう。
しかし、それはあくまでもまだ新しい送金サービスだからであって、今後対応するオンラインカジノが増えていけば、ペイトラの魅力と相まって高い人気を集めるに至る可能性もあります。

ペイトラの魅力とは?

まだまだ対応しているオンラインカジノが少ないとはいえ、ペイトラは決して悪い送金サービスではありません。
むしろジパンググループのオンラインカジノで遊んでいるユーザーであれば利用を検討する価値はあります。

なにより、ペイトラは手数料がとりたてて安いです。
送金サービスで送金する際基本的に手数料がかかりますが、手数料は安いです。
一度しか送金しないのであれば差額も大した差ではないでしょう。

しかし、何度もオンラインカジノを楽しむのであれば、手数料は安い方が良いのは言うまでもありません。
ペイトラは後発として、手数料がとても安いことをアピールしていますので、この先対応するオンラインカジノが増えていくことで、魅力が高まるのは言うまでもありません。
その点ではペイトラの将来性はとても高いものであることが分かるのではないでしょうか。

まだまだ新規だからこそ

ペイトラはまだまだ「新顔」です。
業界内で存在感を増すためには、既存のユーザーにアピールしなければなりません。
単刀直入に言えば、先に挙げたエコペイズやアイウォレット、ヴィーナスポイントからお客を奪わなければならないのです。

そのために、キャンペーンを積極的に展開しています。
待っているだけではいつまで経ってもなかなかユーザーを獲得することはできませんので、どうすればyとりユーザーに訴求できるのかという観点から、積極的にキャンペーンを展開しています。
そういった理由から、魅力的なキャンペーンを見つけたら加入してみるのも良いのではないでしょうか。

後発サービスである以上、ペイトラとしてはどうしても「他からお客を獲得する」ことこそが大切になりますので、魅力的なキャンペーンを展開することも珍しくありません。
ペイトラでどのようなキャンペーンを行っているのか、こまめにチェックしておくことでお得なキャンペーンが展開されている時に入会し、多くの特典をゲットすることができることでしょう。
後発である以上、先に展開して既に多くの利用者を抱えている送金サービス業者よりも積極的なので、情報を見逃さないようにしましょう。

まとめ

ペイトラがどのような送金サービスなのかや、その特徴についてまとめてみました。
後発業者として、先人業者から利用者を奪うためにいろいろと仕掛けてきます。
まだまだ対応しているオンラインカジノは決して多くはありませんが、裏を返せば伸び代がある業者とも言えます。
現段階ではそこまで魅力的だとは感じていないとしても、とりあえず一度、ペイトラがどのような業者なのかチェックしておくと良いでしょう。

隠れたメリットが潤沢なギャンブル

日本のギャンブルは海外と比べると色々違ったジャンルとなっているのですが、中でもカジノの有無はとても大きなものとなってきており、最近では日本にもカジノを作るか否かという議論が本格的になってきています。
そんなカジノをめぐる問題として最近注目されているのがオンラインカジノという存在です。

日本でのオンラインカジノの立場

先程述べたように日本では実店舗でのカジノはまだ1軒も存在しません。
これは日本の賭博法などにも関わってくるのでしょうが、現在日本で遊べるギャンブルは競馬や競輪、パチンコやパチスロ、そして宝くじなどに限られます。
しかしこのような状況でもネットを検索するとオンラインカジノは日本人でも簡単に遊べるという広告があり、実際に遊んでいる方も増えてきました。

このオンラインカジノというものは海外の企業が経営しているものであり、これをパソコンやスマホで日本にいながらでも遊べるという仕組みになっています。
そのためにこれらもオンラインカジノは日本の賭博法の範囲外の扱いになっており、現在時点では個人で遊ぶ際には特に法に問われないという状況なのです。

オンラインカジノとカジノカフェについて

少し前にオンラインカジノ関連でニュースになったこととしては、カジノカフェの摘発があります。
こちらはネットカフェ内において客にオンラインカジノをプレイさせていたのですが、実はこの時にポイントを現金と交換していたことが賭博法に抵触しました。

あくまでもお店と挟んでしまったことや現金のやり取りが発生したことが原因であるので、現在日本ではオンラインカジノ自体を個人で遊ぶ分には問題はありません。

オンラインカジノと色々な社会問題

このようにオンラインカジノは色々な社会問題を抱えていることもあり、個人がそのリスクをしっかりと知っておくと遊ぶ時にも安心できます。
オンラインカジノの社会問題に関しては、まず全体的なギャンブルが抱える問題点と、オンラインカジノならではの問題点の2つの側面があります。

オンラインカジノを含む全体的なギャンブルの問題としては、ギャンブル依存症という点は大きく議論されています。
オンラインカジノは自宅でパソコンやスマホを使って手軽にできる分、のめり込むスピードも早いという点も気をつけるべきです。
お金の決済なども電子サービスで手軽にできることもあり、このような点も含めギャンブル依存症の問題は常につきまとうものとなります。

オンラインカジノならではの問題点

ギャンブル依存症という包括的な問題点だけではなく、オンラインカジノならではの問題点というものも考えておきましょう。

まずは現在の日本でのオンラインカジノの立場ですが、あくまでも現行の賭博法には抵触しないというレベルなので、この点は気に留めておきましょう。
当然ですが日本にも今後実店舗のカジノが作られるにつれて、オンラインカジノも法的に認められる可能性は十分にあります。

オンラインカジノの問題点としては、最近店舗数がどんどん増えてきており広告なども多く、どれを選べば良いのかが分かりづらいという点もあります。
国や公的な認証機関のライセンスを取得しているオンラインカジノはかなり安全ですし、日本語サポートが充実しているお店を選ぶとトラブルなどが起こった際に便利です。

オンラインカジノならではのメリット

ここまでオンラインカジノが抱える問題点やデメリットなどを述べてきましたが、実際にプレイをしてみると様々なメリットもあるので活用しましょう。

まずオンラインカジノでは様々なキャンペーンやボーナス配布を定期的に行っており、これを活用するだけでも多くのゲームが遊べるのは嬉しい点でしょう。
オンラインカジノという性質から色々なお店をつまみ食い形式で遊べるのもメリットです。
実店舗のカジノをつまみ食い的に複数件はしごするのは物理的に無理がありますが、オンラインカジノならばお得なキャンペーンやボーナスの時だけ遊びに行くことが簡単にできます。
もちろん最近のオンラインカジノでは無料で遊べる種類のゲームも増えてきたので、簡単にお試しプレイができるのも嬉しい点でしょう。

オンラインカジノの遊び方や手続きについて

オンラインカジノを遊ぶ際にはそのお店での登録手続と共に、入出金の決済方法を選ぶ必要があります。
これらは最近だと電子決済サービスが主流であり、特に出金時の手軽さは抜群となっています。
エコペイズやアイウォレットなどの電子決済サービスは非常に人気ですが、入金の場合だとクレジットカードなどもよく使われています。
また最近だとビットコインなどの仮想通貨などがオンラインカジノでも使用可能となってきており、様々な決済方法を選ぶことができます。

最近のオンラインカジノはダウンロード型だけではなくブラウザ型のものも増えてきており、スマホなどで遊べるようにもなってきており手軽に遊べます。
電子決済サービスなど入出金の方法を選ぶだけで簡単に遊ぶことが可能なので、自分に合ったオンラインカジノを選んでみてください。

既存法の範疇にない新しいギャンブル

オンラインカジノの歴史や構成

オンラインカジノの歴史や構成

日本では2016年に国会で可決されたカジノ法案によって、それまでなタブー視されていたカジノのことが、大きくクローズアップされました。
それに伴い、オンラインカジノの存在も改めて認識されるようになったのですが、「えっ、そんなギャンブルがあったの?」と思う人もくらいです。

オンラインカジノの歴史は、意外と長く1990年代後半には、イギリスに縁のある小さな国で立ち上がったのが、原点と言われています。
具体的には、アンティグア・パーブーダという国でオンラインカジノの運営許可を示すライセンスの発行を認める法律の制定でした。
この時期は、インターネットが世の中の人々に認知され始めたころでもあることから、オンラインカジノはネット共に歩みを同じにしてきたと言ってもいいでしょう。

オンラインカジノは、インターネット上で公開されているゲームに実際にお金を賭けて、配当金を稼ぐことができるバーチャル型のギャンブルゲームです。
バーチャルとは言え、本場カジノと同じような賭博場で、そこではカードゲームやルーレット、スロットマシンのコンテンツが用意されており、電子決済方式で入金後、ベットする形を取っています。

今でいうサーバー型のシステム構成で作られているギャンブル場と言えるでしょう。

オンラインカジノの魅力・特徴

オンラインカジノの特徴は色々とありますが、まずは豊富なゲームが用意されていることが挙げられます。
ゲームの基本的構成は、ブラックジャック、バカラ、ポーカー、ルーレット、スロットなどですが、これを発展させて、様々なコンテンツが生み出されています。
その数は、数百種類にも上り、世界中に1000サイト以上のオンラインカジノが公開されているのです。

オンラインカジノの違法性・合法性を鑑みる

オンラインカジノの違法性・合法性を鑑みる

今では、日本でもオンラインカジノがの愛好者が増え続けているのですが、合法的なギャンブルなのでしょうか?

日本では、公営ギャンブルの競馬や競輪などに限定されていた賭博もカジノ法案で、オンラインカジノもOKのような印象が持たれるようになりました。
しかし、この法律はあくまでリゾート地の特定地域に限った運営についてです。

このことから、オンラインカジノも違法ではないかという指摘が出てくるわけですが、実際には違法とはなっていません。
それはオンラインカジノが海外で運営されており、そこにアクセスして賭けることになるので、日本国内での賭博行為とは見なされないのです。

その一方で、オンラインカジノを認める法律もないことから、完全な合法とは言い切れません。
したがって、法的な位置付けを見ると、オンラインカジノはグレートゾーンの存在であることから、パチンコのように問題なくプレイすることができるのです。

詐欺的オンラインカジノもある

日本でも問題なく参加できるオンラインカジノでも、闇雲にカジノサイトにアクセスして会員登録をすることは止めた方がいいかもしれません。
世界中に1000箇所も広がるカジノサイトの中には、悪質なオンラインカジノもいるからです。
会員登録はおろか、実際に入金処理まではスムーズにできても、それ以降、ゲームでプレイすることができないということが発生しています。
このことから、オンラインカジノで賭ける前に、健全な優良サイトを見極めなければならないのです。

しかし、その手法は決して難しくはありません。
冒頭でも言ったように、オンラインカジノを正式に運営するためには、カジノが合法化されている国が発行したライセンスを持っておく必要があります。
このライセンスは優良カジノサイトなら、必ずサイトに掲載しているので、それを確認してメンバーになることです。

非常に厳しい審査をクリアした結果のライセンス

非常に厳しい審査をクリアした結果のライセンス

このライセンスを取得するためには、とても厳しい審査を受けなければなりません。
申請して合格するまでの審査は1年以上かかる場合もあります。

その厳しい審査に合格して初めて、ライセンスが発行されるのですが。それだけではありません。
実際にオンラインカジノの運営がスタートしても、その後に審査機関による不定期の監査があるのです。
プレイヤーへの配当金が正しく還元されているか、預り金の管理はしっかりとしているかなど様々な観点から審査を求められるのです。

ここで審査に落ちたなら、ライセンスはすぐに取り消されることになり、カジノの運営ができなくなることから、運営者は徹底した管理を求められることになるわけです。
このようなことから、ライセンスの有無はカジノの信頼性を担保している証となるのです。

ただ、ライセンスを発行する国の中には、南米系の国々は、審査基準に、曖昧なために、ここからのライセンスで運営されているオンラインカジノは、パスした方が無難と言われてきます。
信頼の高い国としては、イギリスやジブラルタル、マン、マルタがあり、これらの国からライセンスを受けたオンラインカジノには、著名な所がたくさんあります。
これらのことを気をつけて参加すると、安心してプレイすることができます。

実績・信頼・安全性の全てに優れたソフトウェア

歴史あるソフトウェア会社

歴史あるソフトウェア会社

オンラインカジノ経験者ならば、誰でも1度はマイクロゲーミング社の名を見聞きしたことがあるでしょう。

マイクロゲーミング社の歴史は古く、カジノで有名なイギリスのマン島にて1994年に設立されました。
オンラインカジノ第1号が誕生したのは1995年で、マイクロゲーミング社はその第1号オンラインカジノの誕生にも関わった歴史あるソフトウェア会社です。
2000年以降のインターネットの急速な普及により、ソフトウェア会社の数も大きく増えていきましたが、マイクロゲーミング社は長きにわたりオンラインカジノのソフトウェア会社のナンバーワンとして君臨しています。

こうした長年人気を維持できているのは、ソフトウェアのエンターテイメント性の高さだけではなく、安全に利用できるというその信頼性の高さも関係しています。
マイクロゲーミング社は毎月大手会計事務所の監査を受け、その結果を公表しています。
各ソフトウェアごとのペイアウト率、これまでの監査結果など、どのようなサービスをどのように提供しているかを事細かに公表しているので、プレイヤーは安心してマイクロゲーミング社のゲームをプレイすることができています。

また、プレイヤーだけではなく、オンラインカジノ側にとってもこうした監査結果の公表は大きなメリットとなっています。
マイクロゲーミング社のソフトウェアを採用しているということは、安全なソフトウェアを提供することができているということに繋がるので、プレイヤーから安全なオンラインカジノであると判断されます。

オンラインカジノはカジノ店とは違い、実際に目の前でお金を使ってギャンブルを行えるわけではありません。
ソフトウェアの中にはライブゲームといって、画面の向こう側のディーラーの顔を見ながらプレイできるものもありますが、基本的にはすべてプログラムの上でギャンブルを行うことになります。
そのプログラムの中に絶対勝てないような不正が組み込まれていたとしてもプレイヤーはその不正に気づくことができません。

いつでもどこでもプレイ可能

オンラインカジノはいつでもどこでも手軽にギャンブルを行えるという大きなメリットがあるものの、こうした顔が見えないことによる不正への懸念を感じてしまうギャンブルです。
マイクロゲーミング社は毎月の監査結果を公表することによって、このようなオンラインカジノの懸念を払拭することに成功し、プレイヤー、オンラインカジノ双方から高い支持を得ています。

ソフトウェアの提供は優良オンラインカジノだけ

マイクロゲーミング社は、滞りのない決済、サポートの充実をはじめ、プレイヤーから高い評価を受けている優良オンラインカジノとしかライセンス契約を交わしていません。
当然のことながら、マイクロゲーミング社自体もソフトウェアのクオリティには常に気を遣い、更なるクオリティの向上に日々力を入れているので、プレイヤーをがっかりさせてしまうようなソフトウェアを提供することはありません。

また、マイクロゲーミング社はソフトウェアの使用料を他のソフトウェア会社よりも高めに設定しています。
普通ならばライセンス料を上げると、オンラインカジノからの提携の声が少なくなりそうですが、マイクロゲーミング社は逆にライセンス料を上げることでその信頼性を高めています。
高いライセンス料を支払えるということは資金を十分に持っているオンラインカジノであると言えます。

マイクロゲーミング社自体の信頼性の高さに加え、こうしたオンラインカジノの信頼性も加わることで、プレイヤーは安全にギャンブルを楽しみたいので、マイクロゲーミング社のソフトウェアを採用しているオンラインカジノを選びます。
マイクロゲーミング社とライセンス契約を結べれば、そのオンラインカジノ側もオンラインカジノとしての質、信頼性を高めることができるので、高いライセンス料を支払ってでもマイクロゲーミング社とライセンス契約を結びたいと考えています。

また、マイクロゲーミング社はサポートの面でもその他のソフトウェア会社よりも信頼されています。
マイクロゲーミング社は、ライセンス契約を結んでいたオンラインカジノが破綻してしまった際に、払い戻しなどの残った処理を請け負ったという過去を持っています。
こうしたしっかりしたサポート体制もマイクロゲーミング社が信頼され、人気を博している理由となっています。

多言語化により世界中のプレイヤーに利用されている

多言語化により世界中のプレイヤーに利用されている

マイクロゲーミング社は他のソフトウェア会社よりもいち早くソフトウェアの多言語化に取り組んできました。
日本語に対応したソフトウェアも2005年に開発され、多くの日本人プレイヤーをオンラインカジノに取り込んできました。
表示される日本語に関しても、誤訳があったりすることもなく、完全な日本語であったため、日本人プレイヤーは海外のギャンブルであるオンラインカジノに対し不安を感じることなく、プレイすることができました。

今では世界中のプレイヤーが楽しめるように世界の様々な国の言語に対応するソフトウェアを提供しているので、365日24時間世界各国のプレイヤーがマイクロゲーミング社のソフトウェアでギャンブルを楽しんでいます。

何の心配もなく楽しめるギャンブル

オンラインカジノの法的な位置づけについて

オンラインカジノの法的な位置づけについて

オンラインカジノは、世界的に人気なギャンブルの一つです。
オンラインカジノは、海外のカジノの世界をオンライン上で手軽に体験できるもので、非常に人気が高く、日本国内でも普及が進んでいます。

しかし、オンラインカジノを始める前に、法的な位置づけはどうなっているのかということは気になるところだと思います。
安心して遊ぶためにも、オンラインカジノの法律的な位置づけについてまずは知っておく必要があります。

オンラインカジノの違法性と合法性ですが、オンラインカジノは日本国内では合法でも違法でもない、という位置づけになっています。

実は日本国内にはオンラインカジノに関する法律そのものが存在していません。
つまり、オンラインカジノは日本国内では合法とは言えないものの、違法と断ずることも出来ないという状態なのです。
違法であるというイメージが強いオンラインカジノですが、実は日本国内で処罰されてしまったケースは一つもありません。

オンラインカジノは海外で合法的に運営されていて、そしてそれそのものは違法性が高いものでもなんでもないので、それを日本の法律だけで裁くことが難しい状態です。
海外のカジノで日本人が遊んでも問題がないのと同じように、オンラインカジノも同様に、日本で遊んでいてもこれを違法とすることは難しいのです。

詐欺やインチキは存在するのか

オンラインカジノを知らない人からすると、詐欺やインチキが存在するのではないかと心配している方もいると思います。

基本的にオンラインカジノは、海外で非常に知名度の高い株式市場上場をしているような企業が、政府のライセンスを発行された後に運営されています。
ライセンスの発行に当たっては厳正な審査が行われ、なおかつ高額なライセンス料を支払うことによって、ようやく運営することが出来るのものです。
したがって、ライセンスを取得しているようなオンラインカジノの運営業者が詐欺やイカサマをするとは考えにくく、またオンラインカジノで詐欺をするメリットはほとんどありません。

詐欺やインチキは存在するのか

元々オンラインカジノは、詐欺やイカサマをしなくても儲かる仕組みになっていますし、またプレイヤーの信頼を下げてまで、一時的な収益のために詐欺やインチキをする可能性は極めて低いです。
オンラインカジノで詐欺やインチキをしているカジノはないとは言い切れませんが、そのような悪質なオンラインカジノを見抜く目があれば、そういったカジノに引っかからずに済みます。

オンラインカジノを選ぶ際には、優良サイトと呼ばれているような、安全なサイトに登録をするようにすれば大丈夫です。

オンラインカジノにおけるペイアウト率

オンラインカジノは非常にペイアウト率が高く、97%以上のペイアウト率となっています。
また、オンラインカジノは、ゲームごとにペイアウト率が多少異なっています。
ブラックジャックのような戦略的なゲームであれば、ベーシックストラテジーなどの攻略法を使うことによって、さらにペイアウト率をアップさせることが出来ます。
オンラインカジノのペイアウト率は他のギャンブルと比較しても非常に高いので、有利になるといわれています。

オンラインカジノのペイアウト率が高い理由ですが、まずはオンラインカジノのその性質にあります。
オンラインカジノは基本店舗を持たないギャンブルで、お店を維持するための維持費やその他の人件費などもかかりません。
よって儲けをその分各プレイヤーへと還元することが出来るようになっています。
また、オンラインカジノの顧客は全世界にいますので、それだけ儲けが多くなるのも大きな理由の一つです。

オンラインカジノと他のギャンブルとの違い

オンラインカジノと他のギャンブルとの違い

上記の通り、オンラインカジノはまずは店舗を持たず、オンライン上で楽しめるギャンブルになっています。
パソコン、そしてタブレットやモバイルがあればいつでもオンラインカジノが楽しめますし、またオンラインカジノなら、いつでもどこでも24時間休みなく遊ぶことが出来ます。
外出先でも、家事の合間でもリラックスの時間でもいつでも楽しめるので、それだけプレイヤーの自由度が高くなります。
当然ながら一人で集中して楽しむことが出来ますし、周りの目線やその他の周囲の騒音も気になりません。

オンラインカジノは海外で運営されていて、賞金額も非常に大きいのも魅力です。
数億円が当たることもありますし、ジャックポットシステムで、数百万円の当たりが一度に出ることも珍しくありません。
また、オンラインカジノには戦略的に勝てるゲームも揃っているので、攻略法が使えるのもメリットです。

入出金サービスの整備に心を砕くカジノ

入出金サービスとの契約も実施

入出金サービスとの契約も実施

広く知られているオンラインカジノは、全て入出金サービスとの契約を実施しています。
もちろん入出金サービスと契約しているオンラインカジノは、入金しやすい点も魅力です。
出金もサービスと連携しておけば、簡単に実現するでしょう。

現在利用されている入出金サービスのほとんどと提携しているカジノシークレットは、入出金という部分では非常に使いやすいメリットを持っています。
これからオンラインカジノを選びたいと思っている方は、カジノシークレットのように入出金サービスとの連携をしっかり行っているカジノが望ましいのです。

カジノシークレットが提携している入出金サービス

カジノシークレットが現在提携している入出金サービスは以下の通りです。

・エコペイズ
・ヴィーナスポイント

以上の2つのサービスと提携しています。

エコペイズは多くのオンラインカジノと提携しており、現在主力となっているサービスです。
ただ、エコカードが利用できなくなり、出金サービスとしてはやや使いづらくなってしまいました。
従って現在はエコペイズを利用するオンラインカジノでは、出金方法を模索する方針が取られています。

ヴィーナスポイントはここ最近になって利用される入出金サービスです。
エコペイズの衰退により、一部のオンラインカジノが提携を模索するようになり、扱いやすいサービスとして期待しています。
ヴィーナスポイントは今後主力となる可能性は十分にありますが、本当に利用するユーザーが増えてくれるのかが疑問視されており、大半のオンラインカジノはまだ提携していません。
ただ、カジノシークレットはいち早くその提携を進めたのです。

この中にアイウォレットの名前がないのは気になるところでしょう。
アイウォレットはエコペイズを契約している会社ならほぼ契約しているほど有名な会社で、アジア圏のオンラインカジノではほぼ採用されています。
しかしカジノシークレットはマルタのライセンスを受け取っているヨーロッパ系のカジノです。
オンラインカジノとしてもアイウォレットとの提携が遅れており、現在はアイウォレットと提携できていません。
将来的には提携して入出金サービスとして使えるようにします。

以上の2つと今後展開する予定のアイウォレットを紹介しました。
この2つのサービスと提携している以上、入出金サービスで困る問題は起こらないでしょう。
同時にアイウォレットと提携する予定を発表しているため、入出金サービスならどれでも問題なく利用できる可能性があるのです。
従ってカジノシークレットで遊びたいと考えるなら、現在オンラインカジノと提携している入出金サービスと提携しておけば問題はありません。

さらに提携先が広がる可能性も

さらに提携先が広がる可能性も

カジノシークレットはまだまだ提携先を増やす方向で検討しています。
その理由として、オンラインカジノの入出金サービスは色々と変化しており、サービスが使いづらくなっている問題があるのです。
特にエコペイズが代表的な状態で、今後ネッテラーのように撤退する可能性もあります。
そうした問題を避けるために、カジノシークレットでは複数のサービスと提携し、安心してカジノシークレットを利用して貰いたいと考えています。

カジノシークレットでは、入出金サービスとの提携を加速させ、あまり知られていないサービスとも提携する可能性があります。
現在ブックメーカーやポーカーなどで利用されている入出金サービスと提携し、より多くのユーザーが遊びやすいように調整するかもしれません。
さらに、カジノシークレットで遊びたいと考えるユーザーのために、要望があれば提携先を模索してくれる可能性もあるのです。

多くのサービスと提携しているために、カジノシークレットは最初からかなり安心して遊べるオンラインカジノです。
更なる提携によって、より多くのサービスが使えるようになれば、オンラインカジノでも遊びやすくなるでしょう。
今後は更なる提携を目指して、多くのサービスを比較しながら増加させると見られ、より快適に遊べる可能性があるのです。

入出金に最適な環境が用意されている

入出金に最適な環境が用意されている

カジノシークレットでは入出金が行いやすくなっており、誰でも簡単に入出金を実施できるでしょう。
提携している入出金サービスが多いだけでも非常に安心できますし、今後もさらに増える可能性が高いので、どんどんオンラインカジノでも使いやすくなるでしょう。
それだけ期待を持てるオンラインカジノとして、カジノシークレットを覚えておいた方がいいのです。

入出金サービスと提携していないオンラインカジノはあまりにも使いづらいです。
オンラインカジノは使いやすさと安心感がとても重要になります。
しっかりとサポートしてくれるオンラインカジノを見つけて遊びたいところですが、その代表的なところはカジノシークレットかもしれません。
今後オンラインカジノを探す場合は、カジノシークレットも対象となるでしょう。

日本人がオンラインカジノで稼げる理由

オンラインカジノは基本的に国外のサービスです。
「国外のサービス」と聞くと、それだけで不安になる人も多いかもしれませんが、国外でもその国の行政から認可を受けなければ営業できないので、オンラインカジノは健全な業者が営業しています。
その点では言葉の壁があるのは事実なものの、安心して楽しめるのは間違いありません。

但し、日本人がオンラインカジノを楽しむためには送金サービスの活用が求められます。
そこで、日本人でも安心してオンラインカジノを楽しむために知っておくべき入出金サービスをいくつかご紹介します。

入金に関してはクレジットカードで問題なし

入金に関してはクレジットカードで問題なし

オンラインカジノを楽しむためにはコインやメダルを購入します。
いわば「入金」ですが、入金に関してはクレジットカードさえあれば特に問題ありません。
ネット通販で商品を購入する感覚になりますので、こちらに関してはさほど難しいものではありません。

異国のサービスにクレジットカードを利用するのは不安だという人もいるかもしれませんが、先にもお伝えしたように、オンラインカジノはどこもその国からライセンスを発行してもらって営業していますので、他の安心できる海外の商品をクレジットカードで購入するものとなんら変わりません。

但し、出金に関しては少々話が異なります。
なぜなら、クレジットカードに出金はできません。
クレジットカードによって商品を購入することは不思議なことではありませんが、オンラインカジノで利益を得た際、そのお金はクレジットカードにペイすることはできません。

そもそも、クレジットカードにはそのような機能はありませんので、送金サービスを活用し、自分の口座に振り込んでもらう形になります。
しかし、送金サービスもまた、海外の物になりますので、こちらも言葉の壁で悩まされる人も多いことでしょう。
そこで、多々ある送金サービスの中から日本人でも安心して利用できる送金サービスをいくつかピックアップしてみました。

基本となるエコペイズとアイウォレット

エコペイズとアイウォレットはそれぞれ違う送金サービスなのですが、特徴が似ています。
まず、日本語に対応している点です。
海外のサービスではありますが、日本語でのサポートも行っていますので、分からないことがあれば日本語で質問もできます。

翻訳サービスを駆使することなく、日本人でも安心して利用できるという点がエコペイズとアイウォレットに共通しています。
口座への振り込みだけではなく、ATMからの出金が可能なので利便性に優れています。
この点から、オンラインカジノを楽しむのであればどちらかで十分との声も多数聞かれます。

両社の違いは手数料、そして利用できるオンラインカジノになりますので、自分が利用したいオンラインカジノによってどちらかを選ぶことになるのですが、両方で使えるオンラインカジノもあります。

ビーナスポイントも日本語対応

ビーナスポイントも日本語対応

ビーナスポイントも日本語に対応している送金サービスです。
ビーナスポイントはATM出金が可能なカードのサービスがない代わりに、ポイント還元があります。
利用額に応じてポイントが貯まり、貯まったポイントは様々なことに利用できるのですが、オンラインカジノでも利用できます。

ATMでの利用よりもポイントを重視する層から高い人気を集めており、特にオンラインカジノのヘビーユーザーにとっては、少しでもお得に利用できる特徴が好評を博しています。

ビットコイン

「?」と思った方もいるかもしれません。
ビットコインとは言うまでもなく仮想通貨です。
そのため「送金サービス?」と思った方も多いかもしれませんが、そもそも仮想通貨とは「国」という垣根を超えた送金サービスも魅力の一つです。

行政が発行している法定通貨の場合、異国間で送金するとなれば身分証明書など様々な手続きが求められるのですが、仮想通貨であれば関係ありません。
そして、ビットコインは知名度の高い仮想通貨とあって実に様々な場所で利用することが可能なのです。
オンラインカジノもその一つで、ビットコインの利用が可能です。

ビットコインでそのままベットできるオンラインカジノもありますので、既にビットコインをお持ちの方の場合、ビットコインをオンラインカジノのアカウントに移すことで楽しめますので手間もかかりません。

まとめ

まとめ

日本人でも安心して利用できる送金サービスは、このように多々用意されています。
むしろオンラインカジノが国内でもこれだけ高い人気を集めているのは、日本人でも安心して利用できる環境が整えられているからだといっても過言ではありませんので、送金サービスに関しては何も不安に感じることなく、それぞれの特徴を把握した上で利用すると良いでしょう。

ギャンブルの勝利金に対する確定申告対策

オンラインカジノと税金について

オンラインカジノと税金について

オンラインカジノを始める際に知っておきたいのが「税金」のことについてです。
オンラインカジノは、賞金額がとても大きいので、何度も遊んでいると多額の報酬を受け取ることが出来るケースも多いです。
こういった賞金に税金はかかってくるのかという点は気になるところです。

他のギャンブルもそうですが、稼げる人は稼げることが多く、税金のことについても知っておくことで、あとで焦ってしまう必要がありません。
そこで、オンラインカジノに税金はかかってくるの?ということについて今回はご紹介をしたいと思います。

オンラインカジノに税金がかかってくるのかどうかはあまり知られていないのでこれから始める方は知っておいてください。

オンラインカジノには税金がかかってくる

オンラインカジノには税金がかかってくるのかという問題ですが、オンラインカジノには実は税金がかかってきます。
どの分類になるのかということですが、オンラインカジノで得たお金は「一時所得」になります。

競馬や競輪で得たお金や懸賞金などの所得は全て一時所得になります。
しかし、宝くじについては、最初から税金が差し引かれています。

ここでギャンブルに詳しい方は「競馬にもパチンコにも税金なんか払ったことない」と言う人もいると思います。
しかし、実は競馬やパチンコ、宝くじなど、日本でできるギャンブルに税金のイメージはありませんが、全てに税金がかかってくることを知っておく必要があります。

オンラインカジノの税金を払わなければならない理由とは?

オンラインカジノの税金を払わなければならない理由とは?

普段から競馬やパチンコ、そして競輪などをやっている人で「税金を払ったことがない」という方もいるのではないでしょうか。
これは税金を払ったことはないからといって税金が発生していないというわけではありません。

これは、税務署が勝ち金のお金の流れを追求することが出来ないので「見逃されている」もしくは「曖昧になっている」というだけの話です。
実際はこれらの競馬や競輪も一時所得としてカウントされるので、大きく儲けた場合には、確定申告が必要となるのです。

そして、オンラインカジノの場合も一時所得となりますので、税金として確定申告をする必要があります。
オンラインカジノでなぜ税金を支払う必要があるのかと言うと、オンラインカジノはネット上のギャンブルですので、送金の際には銀行送金や小切手などを通して支払われることになります。
このため、税務署がお金の流れを突き止めやすく追求されやすくなります。

もしも税金を支払わずにいたら、税務署に追求されてしまうことになります。
したがって、オンラインカジノで一定の額を得ることが出来たら、それらは確定申告をする必要が生じてくるのです。
オンラインカジノの賞金については全て記録に残っているということを知っておきましょう。

オンラインカジノの確定申告について

オンラインカジノでは確定申告が必要となります。
しかし、納税するといっても自分で納税したことがない方も多いです。
また、企業勤めの方ならば企業側が税金関係の処理をまとめてしてくれます。
しかしながら、オンラインカジノの勝金はプレイヤー個人の収入ですので、自分自身で確定申告を行い納税する必要が生じてくることになります。

税金のかかる時期・申告時期についてですが、税金は、その年の1月1日から12月31日までに稼いだお金にかかってくることになります。
そして、その翌年の2月16日から3月15日の間に確定申告をすることを忘れないようにしましょう。

確定申告時期は決まっていて前年のすべての収入にかかってくるので、間違えないようにしましょう。

オンラインカジノの課税金額を算出するには

オンラインカジノの課税金額を算出するには

オンラインカジノの課税金額についてですが、一時所得の金額をまずは算出するようにしましょう。

収入金額から支出金額を差し引き、そして特別控除額である最高50万円を差し引いた金額になります。
また、会社員の場合は、20万円以上の収入があった場合に確定申告が必要となります。
つまり、オンラインカジノで70万円の収入があった場合に確定申告が必要になる計算となります。

そして、気をつけたいのが、ここでいう支出金額に損失額は含まれないことです。
オンラインカジノの損失額が大きいと支出金額に含めてしまいたくなりますが、そういったことはありません。
このため、基本的には勝つ度に課税されるということを理解しておきましょう。

オンラインカジノの確定申告で必要な書類とは?

オンラインカジノの確定申告には必要な書類があります。
まずは源泉徴収票が必要です。
これは、企業勤めの場合年末年始頃に企業から受け取るものになります。
そして、支払調書が必要です。
これは、年末年始頃に、オンラインカジノ側から受け取ることができます。
最後に、所得が300万円以下の場合は不要ですが、経費の領収書をきちんと置いておくようにしましょう。

勝ち金の払い出しに失敗しないために

オンラインカジノの登録から払い戻しまではどうすればいい?

オンラインカジノの登録から払い戻しまではどうすればいい?

オンラインカジノをご存知でしょうか。
ネットカジノとも呼ばれているオンラインカジノですが、インターネット環境が整っている場所であれば日本国内でも楽しめるのがこのオンラインカジノとなっています。
しかし、オンラインカジノは通常のゲームと違ってギャンブルの一つです。
このため、初めての方にとって、登録方法や入金・出金手順など少しだけ難しいといえるでしょう。

ですので、オンラインカジノを始めたいと思っている初心者の方にもオンラインカジノの登録から、払い戻しについて、分かりやすく解説したいと思います。

オンラインカジノを選ぶことが大切

まずオンラインカジノを始める際に、優良なオンラインカジノを選ぶ必要があります。
遊びたいカジノを選ぶ必要がありますが、悪質なカジノに引っかからないようにするために、優良かつ口コミ評判がいいオンラインカジノを選ぶ必要があるのです。

そのためには無料プレイで試してみることもおすすめします。
この場合、お金を賭けずにオンラインカジノがどういうゲームなのかを試すことができます。
無料なので気負わずにゆっくり遊べるのが魅力となっています。

オンラインカジノのソフトのインストールをする

次に遊びたいオンラインカジノが決まれば、ソフトのインストールを行います。
オンラインカジノのソフトのインストールについてですが、まずは今すぐプレイをクリックして、ダウンロードします。
このダウンロードについては無事に完了すればそのまま起動して遊ぶことができます。

もしもダウンロードできない場合には、セキュリティソフトが引っかかっている可能性がありますので、一度オフにしてからダウンロードを再度実行してみましょう。
また、基本的にMacの場合は対応をしていませんので注意が必要です。
オンラインカジノはWindowsのみ対応となっています。

オンラインカジノのソフトのインストールをする

Macの場合にはブラウザ対応のオンラインカジノを選ぶようにしましょう。
ブラウザ対応のフラッシュ版の場合には、オンラインカジノをダウンロードする必要がなく、ブラウザでそのまま遊ぶことができます。
パソコンの容量を気にする必要もありませんし、そのままブラウザで快適に遊べます。

最近ではゲーム性も格段に向上している為、ブラウザバージョンもとても人気となっています。

オンラインカジノへのアカウント登録について

次に、オンラインカジノへアカウント登録を行います。
オンラインカジノへのアカウント登録についてですが、まずは必要事項を入力します。
住所や氏名など必要事項を入力するのですが、ここでミスがないように入力をしましょう。
これはなぜなら、払い戻しの際に身分証明書とこちらの入力事項が一致するかどうかをチェックされることになります。

もしも記載ミスや虚偽の内容があれば、払い戻しされないばかりか、ブラックリストに登録されてしまうこともあります。
このため、間違えないように慎重に入力をしましょう。
たとえば、ローマ字入力はミスをしやすいですので、ヘボン式で統一し、そして間違えないように事前にチェックしてから登録しましょう。

またアカウントを登録する際に、オンラインカジノで使用する通貨の設定も行います。
殆どの場合は、米ドルになりますが、ユーロやポンドが使えるカジノもあります。

オンラインカジノへの入金について

オンラインカジノへの入金について

オンラインカジノへの入金についてですが、オンラインカジノのキャッシャーから入金をすることが必要となります。

オンラインカジノへの入金についてですが、主にクレジットカード、そしてエコペイズなどの入出金サービス、そして銀行の電信送金などがあります。
クレジットカードはすぐに入金をすることが出来るので、とても手軽な方法なのですが、対応をしているオンラインカジノが限られています。

エコペイズなどの電子決済サービスについてはほとんどのカジノで対応をしていますので、アカウントの開設をしておくことをおすすめします。
また、銀行送金という形もあります。
入金をする際には、重複購入となってしまう為何度もボタンを押さないようにしましょう。

オンラインカジノからの払い戻しについて

オンラインカジノで得たお金については払い戻しをすることができます。
この払い戻しについてですが、まずは出金申請をして、そして色々な方法で払い戻しができます。

まず一般的なのがエコペイズなどの電子決済サービスで出金をする方法です。
その他銀行送金という形もあり、これは口座に直接振り込んでもらうことができます。
しかし、手数料が高額になるので注意をしてください。

また、小切手という方法もありますが、期日が長くかかってしまうのと手数料が高額になるので、あまりおすすめできない方法です。
その為、一般的にはエコペイズを使った出金が望ましいと考えられています。
また、出勤する際にはカジノ側に身分証明書を提出する必要があります。

最古級にして最も使い勝手が良い攻略法

マーチンゲール法とは?

オンラインカジノのマーチンゲール法は、ギャンブラーなら一度は試してみたい攻略法の一つです。
非常に魅力的な攻略法の一つで、負けを一度の勝ちで取り戻すことができます。
どれだけゲームに連敗しても最終的に1度勝てば収支がプラスになる方法なのです。
カジノでのギャンブルにおいて、最終的に利益を得たいという方に向いている戦略的な賭け方の一つです。

マーチンゲール法とは?

こちらのマーチンゲール法は非常に歴史があり、古くから存在しています。
世の中のマネーシステムのほとんどが、こちらのマーチンゲール法の亜流とも言われており、非常に有名な賭け方として知られています。
倍賭け法といわれており、負けたときに全額取り戻すことができますが、それまでは非常に手に汗握るゲームになります。
一度はこっぴどい目にあったことがあるともいわれるこのマーチンゲール法ですが、初心者からベテランまで使える手法ですので、ぜひ知っておくことをおすすめします。

マーチンゲール法の基本と賭け方について

マーチンゲール法の基本ですが、具体的なやり方は、ゲームで連敗した場合に賭け金を倍にしながら進めていくというだけのシンプルなやり方となっています。
例えば、1回目の賭け金を1ドルでスタートします。
そして、負けてしまった場合には、2回目は先程の賭け金の倍の2ドル、3回目はその倍の4ドル、4回目は8ドル、という具合に進めていきます。
これらの一連の流れは、ゲームに初めて勝つまで継続していきます。

この連敗が続いている間は、損失が膨らむ形になりますので、非常に賭け金が大きくなるという特徴があります。
言い換えれば金額を投資するようなやり方となっています。
しかし、マーチンゲール法のメリットは、一度目の勝利を収めただけで今までの損失分を取り戻し、損失を取り戻すだけでなく利益が出るのが大きな特徴です。

マーチンゲール法は、主にオンラインカジノのテーブルゲームで使用されます。
テーブルゲームの中でも、勝率が50%のゲームで使用することができます。
ビデオポーカーや、スロットなどのゲームは勝率が変わりますので、マーチンゲール法を使うことは難しいので注意をしてください。

マーチンゲール法の考察とメリット

マーチンゲール法のメリットは、このようにとてもシンプルな攻略法であるということで、オンラインカジノの攻略法でも使いやすいのがメリットです。
初心者からベテランプレイヤーも、ピンチのときに自然に使うことが出来る攻略法ですし、負けが取り戻せるという点でも魅力があります。

マーチンゲール法の考察とメリット

また、遊べるゲームが幅広いのも魅力です。
テーブルゲームで勝率50%のゲームであれば、マーチンゲール法が使えますので、多くのゲームに対応をしています。
そして、マーチンゲール法は複雑な計算を用いないので、覚えやすいのが魅力です。
時間もかからず、倍で賭けるだけなので、複雑な計算が苦手な方にもやりやすいというメリットがあります。
更にはこれを覚えておくことで、色んな投資のシーンにも応用で使えるというメリットがあります。

また、一回でも勝つことができれば必ず勝ち金を増やすことが出来るということと、負けを取り戻せるのが魅力となっています。
そもそも連敗する確率そのものが低いということもあり、マーチンゲール法を使うことによって、負けを取り戻せる確率も高いのがメリットとなっています。

マーチンゲール法のデメリットと注意点とは

たくさんのメリットが有るマーチンゲール法ですが、実はデメリットもありますので、くれぐれも注意をしましょう。

まず、マーチンゲール法は勝つことが出来るまで、倍で賭けていくことになります。
このため、賭けできるだけの資金の余裕が必要となることに注意をしましょう。
まとまった資金がなければ、途中でマーチンゲール法を使えなくなってしまいますので、負けた分を取り戻すことができず、大損をしてしまうことになってしまいます。
常に持ち金と賭け金のバランスを考えなければ、持ち金が途中で尽きてしまうこともありますので、注意をしましょう。
例えばスタートの時点で100ドル以上と大きく賭けてしまうと、途中で賭け金が大きくなりすぎてしまい、持ち金がつきてしまいます。

そして、マーチンゲール法は、テーブルの賭け金上限を超えてしまうと使うことができないという点にも注意をしましょう。
それぞれのテーブルには最大の賭け上限が決められています。
この上限を超えて賭けることができませんので、上限をチェックしておきましょう。

いかなる攻略法もペイアウト率を左右することはできない

いかなる攻略法もペイアウト率を左右することはできない

オンラインカジノの攻略法であるマーチンゲール法は「必勝法」とも言われていますが、いかなる攻略法も実はペイアウト率を左右することはできないと言われています。
あくまでもギャンブルですので、オンラインカジノも例外ではなく、マーチンゲール法を使ったとしても、勝率が100%を超えることはありませんので、頭に入れておきましょう。