プレインゴーの看板スロット「ムーンプリンセス」って何?

プレインゴーの看板スロット「ムーンプリンセス」って何?
オンラインカジノで遊んだことのある方でしたら、プレインゴー(Play’n Go)の看板スロット「ムーンプリンセス」をきっとご存知でしょう。
様々なオンラインカジノで人気スロットランキングを調査してみますと、そのほとんどでムーンプリンセスが上位にランクインしており、2017年にリリースされてからというもの、人気はさらに高まっています。
オンラインカジノ初心者でも上級者でも楽しめるゲーム性に、誰もがムーンプリンセスの虜になってしまうこと間違いありません。
そこで今回の記事では、プレインゴーの看板スロット「ムーンプリンセスとはどんなスロットなのかを詳しくご紹介いたします。

ムーンプリンセスの概要

ムーンプリンセスは、2017年7月にプレインゴーからリリースされ、いわゆる落ちゲーの要素を取り入れたスロットです。
ペイアウト率は96.5%で、波の荒さを示すボラティリティレベルは「HIGH」、5リール×5行のリール構成です。
日本で有名な美少女セーラー戦士アニメのような3人のキャラクターをモチーフにし、それぞれのキャラクターが持つ魔法が配当をサポートしてくれます。
ベースゲーム中に配当が成立するとシンボルが消え、上から落ちてきたシンボルが再びペイアウトラインに並ぶことで連鎖が確定します。
連鎖が続く毎にマルチプライヤー(配当の倍率変動)が増えていき、最大で20倍にまで膨れ上がります。
展開が良ければベースゲーム中の1スピンでも大量獲得が可能で、さらにフリースピンボーナスのきっかけにもなります。

ムーンプリンセスのフリースピンボーナス

ムーンプリンセスのフリースピンボーナス
ムーンプリンセスのフリースピンボーナスはベースゲーム中に連鎖が続き、全てのシンボルが消えることで発動します。
フリースピンボーナスが確定すると、最初に初期回数と追加獲得回数の異なる3人のキャラクターの中から1人を選びます。
赤が初期回数4回、追加獲得回数4回、青が5回の3回、緑が8回の2回と振り分けられていますが、どれを選んでも期待値に違いはありません。
安定感を求めているなら緑、荒波なら赤がおすすめです。
さらにフリースピンボーナス中は常にキャラクターがサポートしてくれ、全消しに成功すると100倍の高配当を得られます。
これがムーンプリンセス最大の爆発トリガーとなります。

ムーンプリンセスの攻略法

ムーンプリンセスに必勝法はありませんが、勝率をアップさせる攻略法は存在します。
まずムーンプリンセスにはペイアウトラインの指定という概念が無いため、最低ベット(0.2ドル)でも最高ベット(100ドル)でも全てのラインで配当が有効になります。
だからこそ0.2ドルという少額ベットではなく、最低でも1ドルベットはしたいところです。
ベット金額が大きくなればなるほど連載による獲得金額が高まるため、無理しない程度にベット金額はなるべく大きくしましょう。
そしてスピン開始後、最低でも50回は様子見してください。
オンラインカジノのスロットには波があるもので、それが良い波なのかそれとも悪い波なのかを見極めるのに最適な回転数が50回です。
50回でキャラクターによるサポート演出が全く発生しない場合には、一旦ムーンプリンセスから離れることをおすすめします。
また展開が悪い時には頻繁にベット金額を変動させ、内部のシステムに刺激を与えるのも意外と有効です。
少々オカルトチックに思われるかもしれませんが、本場ランドカジノではごく普通に知られている攻略法です。

ムーンプリンセスにイカサマはある?

ムーンプリンセスにイカサマはある?
ムーンプリンセスにイカサマは絶対にありえません。
プレインゴーが開発するスロット全てにRNG(乱数発生装置)を採用しており、毎ゲームの抽選は全てRNGによって決められます。
これは演出のプログラムとは独立しており、たとえプログラミングが改変されたとしてもRNGが出したゲーム結果は覆せません。
つまりRNGが存在する限り常に完全確率で平等に抽選していますし、最終的にペイアウト率は96.5%に落ち着きます。
そもそも複数のライセンスを所持し、世界的規模の監査機関から認定を受けているプレインゴーですからイカサマは絶対にありえないのです。

まとめ

今回は、プレインゴー(Play’n Go)の看板スロット「ムーンプリンセス」って何?と題し、ムーンプリンセスの概要やフリースピンボーナス、攻略法、イカサマの有無について詳しく解説いたしましたが、いかがでしたか?
プレインゴーと言えばムーンプリンセス!と言っても決して過言ではないほど、世界的に多大な指示を集めているスロットです。
その魅力は高いペイアウト率と高いボラティリティレベルによる爆発力、そして最後までドキドキ・ワクワクが続く期待感など、どれを取っても人気になる要因を満たしています。
一撃で億万長者の夢を叶えるジャックポットボーナスは搭載していませんが、ムーンプリンセスのフリースピンボーナスはジャックポットをも凌ぐ爆発力を持ちます。
ベラジョンカジノやラッキーニッキー、カジノシークレットなどほぼ全ての大手オンラインカジノで遊べますので、是非チャレンジしてみてください。

スロットマシンの無料ゲームと活用法を伝授!

スロットマシンの無料ゲームと活用法を伝授!
スロットマシンの「無料ゲーム」と言えば、2つの解釈が可能です。
1つは、デモプレイと呼ばれるものです。
オンラインカジノのスロットマシンでは、大半のスロットマシンにおいて、このデモプレイの選択が可能です。

そして、もう一つはオンラインカジノ側が付与してくれる「スピンクレジット」や「フリースピン」による「無料ゲーム」です。
「スピンクレジット」の場合は、一定のクレジットか金額を付与してくれ、スロットマシンでのプレイが可能になり、1スピン当たりの賭け金の設定も自由に行うことができます。

また、「フリースピン」はカジノ側が指定したスロットマシンを、規定回数分だけ「無料ゲーム」で行うことのできるものです。

多くの場合の賭け金額は最低ベット額ですが、リスクなくプレイができるありがたいサービスとなります。
さて、これらの「無料ゲーム」の活用法や利用法についてみていくことにします。

無料ゲーム(デモプレイ)の活用方法

デモプレイは、スロットマシンの仕様の確認に活用できるという、大きなメリットがあります。
例えば、100スピンをプレイし、ボーナスなどの特殊ゲームの獲得がない場合に、資金の60%~70%が損失する場合は低ボラティリティー機種の可能性が高くなります。

逆に、資金の損失が80%を超えるようなスロットマシンの場合は、高ボラティリティー機種の可能性が高くなります。
同時に、ボーナスやフリースピンといった、特殊機能の獲得に至るゲーム数の推測を行うことができます。
ボーナス間が150~300ゲームほどの機種は、低ボラティリティー機種。

ボーナス間が300ゲームを超え500ゲーム前後の機種は、高ボラティリティー機種との確認が行え、同時にボーナス獲得時の期待できそうな配当も知ることが可能になります。

これらの事柄から、実際にプレイする前に必要な資金の推測と、損失として生じる可能性のある金額、勝利時に期待できる獲得金額の推測が可能となり、適切なベット額の選択もできることになるのです。
有用活用をお勧めします。

スピンクレジットによる無料ゲーム

スピンクレジットによる無料ゲーム
スピンクレジットは、利用できるスロットマシンを設定される場合もありますが、多くの場合は、プレイヤーがプレイするスロットマシンを選択できます。
とはいえ、資金的に十分な付与額を提供してくれるわけではありません。

数回のプレイに運命を託すか、1スピンのベット額を落としてゲーム数を増やしてチャンス機会を増やすかはプレイヤーの判断に任されます。

どちらの選択が、利が大きいかは一概には言えません。
チャンスの機会はどちらも同じと考えれば、個々の考え方をベースに好みの手法を選択するのが望ましいと言えます。

フリースピンによる無料ゲーム

フリースピンを付与される場合の多くが、ゲーム指定、ベット額指定のものが多い実情があります。
付与されるスピン数も少ない場合は20ゲームほど、多ければ100ゲーム、200ゲームといった場合もあり、運が良ければ高配当を獲得する可能性も生じます。

多くの場合、該当スロットマシンの最低ベット額での付与となる場合が大半ですが、可能性を含めると利用価値が高いサービスと言えます。

無料ゲームの利用の仕方

無料ゲームで獲得した賞金は、ボーナスマネーと同じ扱いとなり、賭け条件が発生する場合が多い実情があります。
賭け条件が発生しない無料ゲームの場合は、獲得した賞金がそのままリアルマネーになるので何の問題もないのですが、問題が生じる場合がある実情は知っておくべきことです。

問題というと少し大げさですが、「損をする、または、損したんじゃないかと思ってしまう状況が、発生する場合がある」と理解するほうが正しいのかもしれません。
それは、ボーナス分離型のカジノを利用する場合に起こります。
ボーナス分離型のオンラインカジノの場合、ボーナスはリアルマネーを使い切った後に利用ができる仕組みです。

つまり、無料ゲームを行って獲得した賞金は、自己資金が損失した後にしか利用できず、運よく勝利して出金申請を行った場合は、無料ゲームで獲得した賞金を放棄することになるとの実情があるからです。
折角獲得した賞金を放棄するのは、損した気分になります。

このような場合は、資金を出金した後で、無料ゲームを利用するのが有用です。
もちろん、出金申請をした時点で、無料ゲームを放棄しなければならない場合もありますが、そうでない場合もあるからです。

無料ゲームが残る場合は、付与された無料ゲームスピン回数から獲得できそうな賞金の予測をたて、その賞金と自己資金を含めた金額で、ボーナスの獲得が期待できそうな金額となるように調整して出金を行います。
この作業を行うことで、無駄なく無料ゲームを利用することが可能になります。

カジノの無料ゲームのまとめ

カジノの無料ゲームのまとめ
オンラインカジノにはデモプレイと呼ばれる無料ゲームがあり、これはスロットマシンの仕様の確認のために有効活用することができます。

一方、「スピンクレジット」や「フリースピン」として付与される無料ゲームには、スピンをして得られた勝利金に賭け条件が発生します。

特にボーナス分離型のオンラインカジノを利用の場合は、無料ゲームで獲得した賞金を利用できるのは自己資金をすべて失った後となり、折角の賞金を有効に活用できない場合が想定できるのです。
また、運よく勝利した場合には、無料ゲームで獲得した賞金を放棄する必要が生じ、中々得をする状況にならない実情があるのは確かです。

とはいえ、これらの無料ゲームを楽しんだ上で、有用に活用できる方法がないわけではありません。
手間にはなりますが、付与された無料ゲームを行うタイミングや自己資金の残額などから、適切なタイミングでの利用を行えば効率的に活用することは可能です。

日本でカジノが解禁することでオンラインカジノは違法になるのか

日本でカジノが解禁することでオンラインカジノは違法になるのか
現在、日本ではカジノ解禁に向けて着々と前に進んでいますが、気になるのはランドカジノの運営が開始されたことでオンラインカジノは違法になるのか?ということです。
ランドカジノとオンラインカジノは、同じカジノゲームを使ったギャンブルではありますが、両者はライバル関係とも言えます。
場合によってはランドカジノの収益に影響を与えると考えた政府によって、オンラインカジノで遊ぶことを違法化する可能性も十分に考えられます。
そこで今回の記事では、日本でカジノが解禁することでオンラインカジノは違法になるのかについて検証していきます。
カジノ解禁は嬉しいけどオンラインカジノが違法になったらショック…と心配している方の参考になれば嬉しいです。

数年以内に日本にランドカジノが誕生

2013年に国会へ提出されたIR法案が成立し、2022年現在、IR誕生に向けて様々な議論が行われています。
そもそもIRとはカジノ付き総合型リゾート施設のことで、レストランやショッピングモール、映画館、ジムなど、あらゆるエンターテインメントやアクティビティが1つになった大型施設です。
あくまでもカジノはその一角に過ぎませんが、日本におけるランドカジノ誕生がついに現実的になりました。
当初は東京オリンピックと同時にIRの開業を目指していましたが、世界情勢によって延期となり、現在では2026~2029年頃にランドカジノが誕生すると予測されています。
そこで気になるのが、日本でカジノが解禁することでオンラインカジノはどうなるのか?ということです。
IR法案ではオンラインカジノについて触れているのでしょうか?

IR法案はオンラインカジノに触れているのか

IR法案はオンラインカジノに触れているのか
IR法案はあくまでもカジノ付き総合型リゾート施設建設を目的としているため、オンラインカジノとは無関係です。
しかしIR法案の中身を確認してみますと、「オンラインカジノの禁止」と書かれたページが見つかりました。
「やはりオンラインカジノは違法になるのか…」と一瞬落胆しましたが、このIR法案で指すオンラインカジノと、今のオンラインカジノとは全くの無関係です。
IR法案のオンラインカジノは、ランドカジノ事業者がインターネットを使ってカジノ運営を禁止するという意味で、つまり指定された場所以外でギャンブルを提供してはいけないということです。
今のオンラインカジノについての記述は一切ありません。

海外のライセンスを所持するオンラインカジノなら問題なし

現在のところ、今も今後もオンラインカジノが違法になることは無いと言えます。
しかし全てのオンラインカジノでは無く、中には国内で遊ぶと違法性に問われるオンラインカジノも存在します。
それが、ライセンスを所持せずに違法運営するオンラインカジノです。
実際にインターネットを使い、英語でオンラインカジノについて調べてみますと、数多くの違法オンラインカジノがヒットします。
このような違法オンラインカジノでは不正行為が当たり前で、また賭博法に抵触し逮捕される恐れがあります。
オンラインカジノを登録する場合には、必ずライセンスの所持を確認してください。
特に多くの大手オンラインカジノが所持するキュラソー島やマルタ共和国のライセンスは非常に信頼性が高く、安心安全に遊べます。

オンラインカジノの未来は明るい

オンラインカジノの未来は明るい
カジノ付き総合型リゾート施設が誕生することで、日本におけるオンラインカジノユーザーはさらに増えるだろうという予測がされています。
確かに日本で堂々とカジノゲームを楽しむことが可能になりますが、カジノ付き総合型リゾート施設の建設場所は一部のみに許され、パチンコ屋のように企業や個人が独自でランドカジノを経営して良いわけではありません。
さらに入場制限(入場料の徴収や入場回数の制限)も課せられるため、思い立ったら気軽に遊べるわけでは無いのです。
その結果、オンラインカジノに注目が集まり、日本人ユーザーにとってお得なイベントやプロモーションを各オンラインカジノで積極的に開催していくことが予想されます。
つまり日本におけるランドカジノ解禁は、オンラインカジノの未来も明るくなると言っても決して過言ではありません。

まとめ

今回は、日本でカジノが解禁することでオンラインカジノは違法になるのか?と題し、IR法案とオンラインカジノの関係について解説いたしましたが、ご理解いただけましたか?
もう間もなく日本にランドカジノが誕生しますが、IR法案にオンラインカジノを規制する項目は一切ありません。
ランドカジノがオンラインカジノを衰退化させる可能性は低く、逆に明るい未来が待っていると言えるでしょう。
もしこれからオンラインカジノへ挑戦される方は、必ずライセンスの有無を確認してください。
間違っても違法オンラインカジノへ登録してはいけません。
合法か違法かの判断が難しい場合には、日本でも知名度の高いベラジョンカジノやラッキーニッキ、カジ旅、カジノシークレットなどの大手オンラインカジノへ登録してみてください。
信頼性は抜群ですし、各オンラインカジノではお得なボーナスももらえます。

「ラッキーニッキー」の初回入金ボーナスと出金条件について

「ラッキーニッキー」の初回入金ボーナスと出金条件について
ラッキーニッキーには様々な魅力がありますが、その中でもオンラインカジノトップクラスのお得さを誇る初回入金ボーナスが挙げられます。
数多くあるオンラインカジノの中から、初回入金ボーナスのお得さと使い勝手の良さからラッキーニッキーを選んだというユーザーもいるほどです。

そこでこの記事では、他のオンラインカジノには無い画期的なラッキーニッキーの初回入金ボーナスの概要と出金条件について詳しく解説していきます。
オンラインカジノ選びに迷っている方、またラッキーニッキーへ登録する前に初回入金ボーナスについて知っておきたい方などの参考になれば嬉しいです。

ラッキーニッキーの初回入金ボーナスとは

ラッキーニッキーの初回入金ボーナスとは、初めてラッキーニッキーに登録したユーザーだけがもらえるボーナスのことで、初回から3回目の入金時までが対象となります。
入金回数関係なく全て「ボーナス」または「フリースピン」のいずれかを選べます。
ボーナスは入金額に対して100%の最大333ドル、フリースピンは1ドル2スピンの最大666回となります。
つまり3回の入金時までに、ボーナスは最大999ドル、フリースピンは最大1,998回まで獲得可能です。

各入金毎に異なるボーナスを選んでも構わないため、例えば初回にボーナス、2回目にフリースピン、3回目に再びボーナス、のように組み合わせることもできます。

色々なゲームで遊びたい方はボーナスをもらい、スロットだけで遊びたい方はフリースピンを選ぶと良いかもしれません。
期待値的にはどちらを選んでも同じです。

初回入金ボーナスの出金条件

初回入金ボーナスの出金条件

ラッキーニッキーの初回入金ボーナスは、もらってすぐに出金できるわけではありません。
出金条件(または賭け条件)と呼ばれる条件を達成することで初めてボーナスの出金が可能になります。

ボーナスとフリースピンで出金条件が異なり、ボーナスは「もらったボーナス×15倍ベット」で、フリースピンは「勝利金×30倍ベット」です。
フリースピンの方が厳しい出金条件に設定されていますが、これは稼げるボーナス額の期待値がボーナスよりも2倍ほどあるためです。
ちなみに出金条件は、入金した金額ともらったボーナス額を合算した金額に対して適用されます。

例えば200ドル入金して200ドルのボーナスをもらった場合、400ドル×15で6,000ドルのベットが必要です。
もし途中で出金したい場合には、ボーナスを破棄することでキャッシュ分のみの出金が可能になります。

ボーナス消化率に注意

ラッキーニッキーの初回入金ボーナスは全てのゲームに使用可能で、よくある除外ゲームや禁止ゲームは指定されません。
しかし出金条件を満たすためのボーナス消化率には注意が必要です。
スロットは全て100%ですが、テーブルゲームは10%と低く設定されており、例えば同じ1ドルベットでもスロットは1ドル消化し、テーブルゲームは0.1ドルのみの消化となります。

少しでも早くに出金条件をクリアしたい場合には、スロットがおすすめです。
またベット金額の上限にもご注意ください。

スロットは1スピンあたり5ドルまでで、テーブルゲームは25ドルです。
上限を超えてのベットが発覚すると、出金を拒否され、ボーナスを使った勝利金は没収されてしまいます。

初回入金ボーナスの複数獲得は絶対にNG

初回入金ボーナスの複数獲得は絶対にNG

とってもお得なラッキーニッキーの初回入金ボーナスですので、中には複数のアカウントを開設して、何度も初回入金ボーナスをもらおうとしている方もいらっしゃるかもしれません。
しかし初回入金ボーナスの複数獲得は利用規約違反であり、ボーナスアビューザーとして認定されてしまう恐れがあります。
万が一ボーナスアビューザーに認定されてしまうと、ボーナスと勝利金は全て没収となり、あまりにも悪質な場合にはアカウント凍結となります。
一度アカウントを凍結された場合、元々アカウントに残っていたキャッシュ、勝利金も出金できなくなってしまいます。
ボーナスアビューザーには非常に重いペナルティが課せられるため、初回入金ボーナスの複数獲得は絶対にNGです。

まとめ

今回は、人気オンラインカジノ「ラッキーニッキー」の初回入金ボーナスと出金条件について解説させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?
ラッキーニッキーの初回入金ボーナスは、ボーナス最大333ドル、またはフリースピン最大666ドルのいずれかを自由に選ぶことができます。
また初回から3回目の入金時までが対象で、入金毎にどちらか好きなボーナスを選べます。
注意したいのは出金条件で、ボーナスには15倍、フリースピンには勝利金に対して30倍が課せられます。

他のオンラインカジノと比べて非常に緩い出金条件ではありますが、もし途中でキャッシュだけ出金したい場合には、ボーナスの破棄も可能です。
そしてラッキーニッキーには除外ゲームや禁止ゲームはありませんが、ボーナス消化率がスロットは100%、テーブルゲームは10%と開きがありますのでご注意ください。
以上のことをご理解した上で、ラッキーニッキーの初回入金ボーナスを有効的に使いましょう。

プレインゴーがリリースするおすすめのスロットまとめ

プレインゴーがリリースするおすすめのスロットまとめ
数多くあるオンラインカジノのスロットですが、その中でもよく目にするのがプレインゴー(Play’n GO)のスロットで、世界中のスロットファンから支持を集めています。
プレインゴー(Play’n GO)は、ゲームプロバイダーの中でも比較的新しい企業ではありますが、その独自性とエンタメ性から、一躍人気のゲームプロバイダーとなりました。
そこで今回の記事では、プレインゴー(Play’n GO)がリリースするおすすめのスロットを4つまとめてご紹介します。
オンラインカジノでどのスロットで遊ぼうか迷っている方、楽しいスロットを探している方の参考になれば嬉しいです。

ムーンプリンセス(Moon Princess)

ムーンプリンセスは、星の数ほどあるオンラインカジノのスロットの中でも、トップクラスの人気を誇るプレインゴーのゲームです。
「月に代わってお仕置きよ!」でお馴染みのセーラー◯ーンのような美少女キャラクターをモチーフにしていますが、その可愛い見た目とは裏腹に、一撃で大量獲得が可能です。
倍率が変動するマルチプライヤーももちろん搭載しており、フリースピンボーナス中だけではなく、通常時でも発動します。
つまりいつどんなタイミングでも一攫千金が可能なポテンシャルを持っています。
ペイアウト率は96.50%と、オンラインカジノのスロットでは平均的ですが、時にペイアウト率をも凌ぐ爆発力を見せてくれます。
プレインゴーを代表するスロットの一つですので、是非遊んでみてください。

レイジトゥリッチ(Rage to Riches)

レイジトゥリッチ(Rage to Riches)
レイジトゥリッチは、3匹のモンスターが繰り広げる迫力満点の破壊シーンが魅力的なプレインゴーのスロットです。
このレイジトゥリッチ最大の特徴がペイアウト率で、プレインゴートップクラスの97.12%を誇り、これはオンラインカジノのスロットの中でも上位に入ります。
ベースゲーム中に星を3つ獲得するとボーナスゲームが発動し、3匹のモンスターの中から1つを選択します。
するとモンスターが街中で暴れ始め、次々とビルを破壊していきます。
ビルを破壊する度に配当を得られ、さらにビルの中に人がいた場合、非人道的ではありますが、その人を食べて多くの配当を得られます。
コミカルなデザインではありますが、恐ろしいほどの爆発力を持つスロットです。

ブックオブデッド(BOOK OF DEAD)

ブックオブデッドは、プレインゴーお馴染みのブックオブシリーズの1つで、映画ハムナプトラのような世界観のスロットです。
全絵柄対応のワイルドシンボル、フリースピンボーナス発動の契機となるスキャッターシンボルなど、一般的なスロットの王道的なシンボル構成です。
そのため、オンラインカジノのスロットで初めて遊ぶ初心者にもおすすめです。
最大の魅力がフリースピンボーナスで、発動前に9種類のシンボルのうち1つが選ばれ、そのシンボルが停止したリール上、全て同一シンボルに変化します。
通常でしたら左からのシンボル並びにのみ配当を得られますが、フリースピンボーナス中は、どこのリールに停止しても、全て配当対象となります。
これにより、ベースゲーム中ではありえない大量獲得を可能にしています。

ベルオブフォーチュン(Bell of Fortune)

ベルオブフォーチュンは、プレインゴーでは数少ないジャックポットボーナスを搭載したオンラインカジノのスロットです。
3リール1ラインと非常にシンプルなリール構成であり、ライン上にシンボルが1つでも停止することで、配当を得られます。
フリースピンボーナスやリスピン機能などの特別なフィーチャーは搭載していませんが、ベルオブフォーチュンにはジャックポットボーナスがあります。
最大の3リールベットで、ライン上にベルのシンボルが3つ並ぶことでジャックポットボーナス獲得となり、貯まっている金額が全て払い出されます。
注意点として、毎ゲーム必ず3リールベットでプレイしてください。
ジャックポットは3リールベット時にしか獲得できないため、1リールベットではベルオブフォーチュンの魅力が半減してしまいます。
まさにシンプル・イズ・ベストのスロットではありますが、初心者からハイローラーまで楽しむことができます。

まとめ

まとめ
今回は、プレインゴー(Play’n GO)がリリースするおすすめのスロットを4つご紹介させていただきましたが、遊んでみたいスロットは見つかりましたでしょうか?
どこかで見たことのある美少女キャラクターをモチーフにした「ムーンプリンセス(Moon Princess)」、街を破壊して大量獲得が可能な「レイジトゥリッチ(Rage to Riches)」、大人気ブックオブシリーズの「ブックオブデッド(BOOK OF DEAD)」、一攫千金のジャックポットボーナス搭載の「ベルオブフォーチュン(Bell of Fortune)」など、プレインゴーは魅力的なスロットばかりです。
他にもプレインゴーには200種類以上のゲームをリリースしていますので、是非ともオンラインカジノで遊んでみてはいかがでしたでしょうか。
プレインゴーは、ゲームプロバイダーとしてのライセンスを持ち、また第三者機関からの監視を受けている安心安全な合法ゲームプロバイダーです。
イカサマなどの不正行為のできない仕組みが確立していますので、安心してプレインゴーのスロットを楽しみましょう。

ネットカジノ収入の納税に関する違法行為と盲点とは?

ネットカジノ収入の納税に関する違法行為と盲点とは?
どこの国でも同じですが、国民や企業は収益に見合った税金を収める義務があり、日本の国民も納税を通して国の運営を支えることが求められます。
ご存じないかもしれませんが、これは仕事以外からの収入にも適用され、例えば競艇やパチスロなどのギャンブルにも該当し、申告しない場合は脱税となってしまいます。
オンラインで楽しむネットカジノに関しても、ほかの公営ギャンブルと同様に扱われ、海外に拠点があるからといって納税の義務から除外されるということはありません。
ここでは、ネットカジノ収入の納税に関する違法行為と盲点とは?と題して、ギャンブルと納税について解説していくので参考にしてください。

ギャンブルからの収入は一時所得

「営利を目的とする継続的行為から生じた所得以外の一時の所得」という項目が所得税法に存在し、ギャンブルからの収入はこれに該当します。
簡単に説明すると就労で得た定期的な給与以外に突発的に発生した収入のことで。
これは「一時所得」と定義されます。
例えば「くじ引きの賞品」「保険の払い戻し」などで、ギャンブルからの配当金もこれに該当します。
オンラインで遊ぶネットカジノで得た配当金に関しても、日本の公営ギャンブルと同じように、一時所得と判断され課税されます。
このように、もしネットカジノで収入が発生した場合に納税を果たさないと、所得隠しや脱税となり違法行為となるので注意が必要です。

ネットカジノからの収入の盲点

海外を拠点とするネットカジノからの収入は、そう簡単にはバレないと考え、申告をまったくしていない方がいるとしたら、少し考え方をあらためたほうが良さそうです。
日本国内の公営ギャンブルである競馬や競艇、そしてパチンコなどの収入を申告しているなどと聞いたことがないので、ネットカジノも同様だと考える方もいるかもしれません。
公営ギャンブルとネットカジノの大きな違いは配当金の受け取り方にあります。
具体的に説明すると、競馬やパチスロの場合は窓口などから現金で勝利金を得られるので、誰が現金を受け取ったのか記録に残らず、税務署が支払われたお金の流れを把握できないので追求しようがありません。
一方、ネットカジノに関しては、入金から出金まですべてオンライン決済サービスなどを使って行われるため、すべて記録が残り容易に追跡できてしまいます。
このように、税務署からすればネットカジノからの収入は筒抜けというわけなので、競馬やパチンコなどと同じように考えるのは間違いなのです。

ネットカジノの収入を納税しないとどうなるのか?

ネットカジノの収入を納税しないとどうなるのか?
ネットカジノの収入を申告せずに納税しないと、様々な罰則が課せられることになります。
まず計算の間違いによる「申告漏れ」と判断された場合は、過少申告加算税が10~15%の課せられることになります。
これはあくまでも単純な間違いだった場合で、意図的に行われたと判断されれば、ペナルティは15~20%に跳ね上がります。
さらに悪意を持って所得を隠していた場合は「所得隠し」と判断され、より重い罰則が課せられてしまいます。
過少申告加算税と無申告加算税に加え、35~40%の重加算税が課せられるという厳しさです。
次は「脱税」で所得隠しよりも金額が高いなど、より悪質な場合に適用され刑事罰が課せられる場合もあります。
ネットカジノで脱税になるほど収益を得られることはほとんどないと思いますが、悪質な場合は数百万の収入でも脱税の捜査対象になることもあるようなので、申告は正直に行ったほうが無難です。

ネットカジノの収入に関する税金の計算方法

ネットカジノで得た収入に対する税金は、翌年の確定申告で確定させます。
課税対象となり一時所得金の算出方法は、「1~12月のネットカジノ収入-支出金-特別控除額(最大50万円)=一時所得金額」となります。
そしてこの計算で判明した一時所得金額の50%が課税対象となるのです。
この算出結果にほかにも所得がある場合はそれを加算し、所得税率を掛けて控除額を引いた額が納税対象となる所得税ということになります。
ちなみに支出金というのはネットカジノに使った額のことですが、これは勝って収入が発生したときだけに適用されます。
つまりネットカジノに費やした金額をすべて支出金という扱いにはできないということです。
具体的には年間で100万円をネットカジノで使い、60万円勝ったとすると、60万円勝ったときに使った金額のみが支出金と認められ、それ以外の負けたときの額は含まれません。
このように、ネットカジノでトータル負け越していても、勝ったときに金額が一時所得と判断されるため、納税の義務が生じることもあるので注意してください。

まとめ

まとめ
ネットカジノ収入の納税に関する違法行為と盲点とは?と題してネットカジノと納税について解説してきましたが、参考になったでしょうか?
オンラインで遊ぶネットカジノで得た配当金に関しても、日本の公営ギャンブルと同じように、一時所得と判断され課税の対象となります。
ネットカジノは競馬やパチンコと違い、入金から出金まですべて記録が残り容易に追跡できてしまいますので所得隠しはできません。
もし悪意を持って所得を隠していたと判断されると所得隠しと判断され、より重い罰則が課せられる可能性もあるので注意が必要です。
必ず確定申告で正確な金額を提示し、納税の義務を果たすよう心がけましょう。

オンラインカジノで遊べるスロットマシンとはどんなゲーム?

オンラインカジノではバカラやブラックジャックなどのテーブルゲームのほか、ビデオポーカー、スロットマシンなど様々なゲームで遊ぶことができます。
これらカジノゲームの中で最も人気が高く、また初心者でも気軽に始められるのがスロットマシンであり、オンラインカジノに限らずランドカジノでも大人気です。
聞いたことや見たことはあるけど、実際にはどんなゲームなのかわからない、という方もきっと多いかと思います。

そこで今回の記事では、オンラインカジノで遊べるスロットマシンとはどんなゲームなのか?と題し、スロットマシンの基本的な知識をご紹介していきます。

日本のパチスロとは似て非なるゲーム

日本のパチスロとは似て非なるゲーム
オンラインカジノのスロットマシンと日本のパチスロは、名称こと似ていますが、全く異なるゲームです。

まずスロットマシンには停止ボタンが存在しなく、スピンボタンを押せば自動的にリールが停止し、ペイアウトラインに小役が並ぶことで配当を得られます。
つまりスロットマシンでは目押し力は一切不要で、テクニック関係なしに全プレイヤー平等に払い戻されます。
またパチスロではお馴染みの「設定」が存在しなく、同じスロットマシンでしたら全て同確率で抽選しており、台選びをする必要もありません。

さらに一度に払い戻しされる金額に上限はほぼ無く、パチスロでは地域によりますが、最大15枚(等価交換で300円)ですが、スロットマシンは数億円もの大金を一瞬にして叩き出すチャンスがあります。
このようにスロットマシンとパチスロは全く異なるゲーム性を持っていることから、パチスロが得意だからスロットマシンも勝ちやすい、なんてことはありません。

ド派手な演出と湯水の如く払い出されるキャッシュ

ド派手な演出と湯水の如く払い出されるキャッシュ
オンラインカジノでは数多くのゲームがありますが、その中でもスロットマシンの爆発力はその他全てのゲームを凌ぎます。
それがフリースピンボーナスとジャックポットボーナスで、これらフィーチャー(特別な機能)によりキャッシュが湯水の如く払い出されます。
フリースピンボーナスが発動すると、一定回数は追加でベットすることなくスピンし、ベースゲーム中では考えられないような加速度でキャッシュが増えていきます。

その原動力となっているのがマルチプライヤーで、多くのスロットマシンではフリースピンボーナス中に発動します。
マルチプライヤーとは配当が大きくなる機能のことで、2倍や3倍はもちろん、中には数十倍数百倍、数千倍にもなるスロットマシンもあります。
ド派手な演出とともに莫大なキャッシュが払い出されていく様は圧巻です。

そしてジャックポットボーナスでは、数億円という夢のような大金を手にするチャンスがあり、まさに一攫千金という言葉が現実になる瞬間です。
このように、他のゲームでは味わえないド派手な演出と湯水の如く払い出されるキャッシュに、誰もが魅了されること間違いありません。

イカサマ一切無しのスロットマシン

イカサマ一切無しのスロットマシン
オンラインカジノのスロットマシンでは、遠隔操作やプログラミング改変などのイカサマは一切できません。
あらゆるギャンブルにイカサマは付き物ではありますが、オンラインカジノのスロットマシンは、イカサマができない仕組みが確立しています。

まずライセンスの存在がその証拠で、オンラインカジノを運営するためには莫大な費用と時間をかけてライセンスを取得する必要があります。
ライセンス取得後、もしイカサマをしたことが当局にバレてしまうと、苦労して取得したライセンスを剥奪され、二度と発行してもらえなくなります。
そんな大損失に繋がるリスクを犯してまでスロットマシンでイカサマをする理由はありません。

またスロットマシンは乱数発生装置を使って抽選を行っていることから、人為的に結果を操作することはできません。
スロットマシン自体もオンラインカジノ運営側が制作するのではなく、第三者企業であるゲームプロバイダーから権利を購入しています。
つまりスロットマシンでイカサマをする余地は全く無いのです。

ただしライセンスを所持しない違法のオンラインカジノでは、当たり前のようにイカサマが横行していますので、絶対に遊んではいけません。
スロットマシンで遊ぶ場合には、必ず合法のオンラインカジノを選ぶようにしましょう。

まとめ

今回は、オンラインカジノで遊べるスロットマシンとはどんなゲームなのか?と題し、スロットマシンの特徴についてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか?
オンラインカジノのスロットマシンは、日本のパチスロと似た部分もありますが、全く異なるゲームです。
目押しテクニックや設定に左右されることなく万人に平等なのがスロットマシンで、パチスロのような不公平感は皆無です。

またド派手な演出と湯水の如く払い出されるキャッシュを一度でも体験してしまうと、誰もがスロットマシンの虜になること間違いありません。
もちろんイカサマが一切できない仕組みも確立していますので安心安全です。
ただしライセンスを持たない違法オンラインカジノではイカサマが横行しているため、スロットマシンは合法の大手オンラインカジノで遊ぶようにしましょう。

ジパングカジノの評判の良さは実際にプレイすることで見えてくる

ジパングカジノは日本人オンラインカジノプレイヤーからの評判の良いオンラインカジノで、評判が評判を呼んで新しいプレイヤーを獲得したり、注目度が高まったりなど、良い面での相乗効果が生まれています。
つまり、理屈の部分ではなく実際にジパングカジノを楽しんだプレイヤーが良いオンラインカジノだと判断し、プレイを楽しむことでさらにプレイヤーを招く。
このような好循環が生まれていると考えることができるのですが、一体ジパングカジノのどの部分が評判を生んでいるのか、いくつかの理由をご紹介しましょう。

オンラインカジノの利用者が増えた背景にあるのは?

オンラインカジノの利用者が増えた背景にあるのは?
近年、日本語対応しているオンラインカジノだけでも相当数あります。
海外のコンテンツであるオンラインカジノが日本語に対応して提供しているのも、それだけ日本人プレイヤーが多い点が挙げられるのですが、特に増加傾向が顕著なのが2010年代中盤以降です。
このタイミングで何が起きたのかといえば、スマートフォンの爆発的な普及です。

それ以前のオンラインカジノはPCから楽しむものでした。
PCからオンラインカジノを楽しむ場合、当然PCを用意しなければならないものでしたし、さらには接続設定等、「インターネットを楽しむ」という今では極々当たり前のことも、初心者にはハードルの高いものでした。
しかしスマートフォンであれば購入したその瞬間からインターネットに接続が可能です。

そしてスマートフォンを手にした多くの人が、お金稼ぎで情報を集めると、オンラインカジノにたどり着き、オンラインカジノに興味を持つようになってオンラインカジノの利用者が増えていきました。
いわば、スマートフォン利用者が増えたことでオンラインカジノで「利益を得やすい」と判断し、参入してきたオンラインカジノ業者がとても多いのです。

老舗と呼べるオンラインカジノだからこその安心感

スマートフォンの爆発的な普及によって参入してきたオンラインカジノ業者が悪い訳ではありません。
しかし中にはお粗末と言わざるを得ない運営のオンラインカジノがあるのも事実。

その点ジパングカジノは2004年から、つまりスマートフォンが普及するよりもはるか以前からオンラインカジノの運営を行っている業者です。
つまりはそれだけオンラインカジノに対してこだわりを持っている業者だと考えてよいでしょう。

まだまだPCから楽しむコンテンツだった時代から、オンラインカジノの運営を行っていたのです。
利益の出そうなものに群がっているのではなく、オンラインカジノに対してこだわりのある業者であることが分かるのではないでしょうか。

プレイヤー心理を理解しているジパングカジノ

プレイヤー心理を理解しているジパングカジノ
長い営業実績のあるジパングカジノとあって、オンラインカジノのプレイヤー心理をよく理解しています。
例えばサポートの時間。ジパングカジノは24時間365日、日本語チャットを提供しています。

ジャックポット額の公表、無料プレイの提供、各種ボーナスの用意。
これらこそ、ジパングカジノの評判の秘訣です。

これらはジパングカジノにとっては当たり前のものですが、他のオンラインカジノでは実はあまり見られない部分です。
プレイヤー心理を踏まえ、プレイヤーが何を求めるのかという点をしっかりと理解している点が伺えるのではないでしょうか。
つまりはジパングカジノはプレイヤーに寄り添ったオンラインカジノであることが分かります。

ジパングカジノはYoutubeチャンネルも開設しています

ジパングカジノはYoutubeチャンネルも開設しています
ジパングカジノは公式Youtubeチャンネルを開設し、ゲームの紹介、攻略法やお役立ち情報など、様々な情報を定期的に配信しています。
Youtubeを見ることで、ジパングカジノがどのようなオンラインカジノなのかが分かると共に、このような形で情報を発信してくれていることで、信頼できる業者だとも分かるのではないでしょうか。
24時間対応のチャットはもちろんですが、動画のコメント欄からもジパングカジノの運営サイドとコンタクトを取ることができます。
もちろん他のYoutube同様、無料で気軽に閲覧できますので、ジパングカジノに興味のある人は、公式Youtubeチャンネルもチェックしてみると良いでしょう。
オンラインカジノの雰囲気を、テキストだけではなく動画ベースとして楽しむことができますので、より理解が深まるのではないでしょうか。

ジパングカジノの評判の良さは納得できる

ジパングカジノの評判の良さはプレイヤーたちによって自然に作られたものです。
プレイヤーに寄り添い、良いものを提供するという姿勢、さらには2004年から長く営業している実績・信頼感。
これらがプレイヤーから高く評価されることで、高い評判を生んでいます。
様々なゲームを楽しめるのはもちろんですが、安心できるサポート体制、ジャックポット額の公表により、どれだけの勝利を見込めるのかもある程度把握できるなど、オンラインカジノのプレイヤーが求める環境をしっかりと用意しているのがジパングカジノです。

オンラインカジノでボーナスを入手しないほうが良い場合とは

実際に入金した金額よりも多く賭けられるという利点があるオンラインカジノのボーナスですが、場合によってはボーナスをもらわない方がいいプレイヤーもいます。
というのも、ボーナスを受け取ることで、オンラインカジノ内で様々な制限を受けることになる場合があるので、出金だけでなくゲームのプレイにも影響が出てくるのです。
具体的には「テーブルゲームをプレイしたい」「大きな金額を賭けたい」「いつでもキャッシュを引き出したい」「好きなゲームで遊びたい」というプレイヤーには大きな影響が出てきます。

そこで今回は、オンラインカジノのボーナスを入手しないいほうが良いプレイヤーに関して詳しく説明していきたいと思います。
最近のほとんどのオンランカジノはボーナス制度がありますが、実際に受け取る前に、自分は受け取ったほうがいいのかどうか、この記事を参考に判断できたら幸いです。

テーブルゲームをプレイをしたい場合

テーブルゲームをプレイをしたい場合
オンラインカジノのボーナスを引き出すためには、決められたベット金額を消化する必要がありますが、テーブルゲームではその消化率が低く設定されています。
例えば「引き出し条件が30倍のオンラインカジノで100ドルのボーナス」が付与されたとすると、ほとんどのオンラインカジノではスロットゲームの消化率は100%なので、スロットだけを遊べば3,000ドルで引き出し条件を満たすことができます。

しかしその一方で、バカラやブラックジャックなどのテーブルゲームの場合は、10%前後と引き消化率に設定されていことが多いので、10ドル賭けて1ドルしか消化されません。
簡単に言うと、テーブルゲームだけではボーナスの出金条件を満足す場合は、30,000ドルも賭けなければいけないという事です。
このようにテーブルゲームは、ボーナスの消化率がかなり低いので、テーブルゲームを頻繁にプレイするレイヤーは、ボーナスを受け入れな方が賢明です。

大きな金額を賭けたいとき

大きな金額を賭けたいとき
多くのオンラインカジノでは、ボーナスを使用した際の賭け金に限度額が設定されていて、それを超すような額のベットは禁止されています。
ボーナスの限度額は一般的に10ドル程度ですが、それは最終的な賭け金のことです。
例えばブラックジャックで最大額の10ドルを賭けた場合、その後のスプリットやダブルダウンが不可能になります。
さらにインシュランスやイーブンマネーも同じで、賭ける額に対して半分の5ドルが必須となるので、合計金額が15ドルになり限度額を超過する事になります。

またスロットゲームのギャンブル機能にも十分注意が必要で、始めの1ドルのベットで10ドル入手した場合、ギャンブル機能を使用することが不可能になります。
ボーナスの賭け金の最大額は、ギャンブル機能も規制の対象なので、合計で11ドルであるギャンブル機能は使用が不可能となるのです。
上記の通り、賭ける金額に限度額が設けられているので、より多くの額を賭けたいプレイヤーやハイローラー志向の方は、ボーナスを受け取らない方が賢明かもしれません。

好きなタイミングで資金を引き出したい

好きなタイミングで資金を引き出したい
オンラインカジノのボーナスは受け取ってしまうと、引き出しの条件を満たさない限り現金化して引き出すことは不可能です。
オンラインカジノによっては、実際に入金したリアルマネーまで一緒に引き出せなくなることもあります。

例えば、実際に入金した金額が200ドルで、その後ボーナスを100ドル獲得した場合、アカウントの残高は300ドルとなります。
こうなると、ボーナスである100ドルの引き出し条件が揃うまでは、実際に入金した200ドルも引き出せなくなるのです。

ボーナスを途中で放棄することで引き出し条件は無効になりますが、ボーナスを使って勝ち続けているときに放棄するのはもったいないですし、今まで費やした時間も無駄になってしまいます。
このような複雑な状況に陥るくらいなら、最初からボーナスを受け取らないほうが自由に入出金ができるので、ボーナスを拒否するという選択肢もありです。

自由に色々なゲームで遊びたい

ボーナスを使用してすべてのゲームをプレイできるわけではなく、「除外ゲーム」と「禁止ゲーム」があるので、ゲームの選択肢が狭まってしまいます。
「除外ゲーム」とは、ボーナスの引き出し条件の消化に反映されず、仮に勝利しても配当金ははアカウントに反映されません。
さらに一番厳しいのが禁止ゲームで、ボーナスを使用して遊ぶとボーナスが没収されてしまうというものです。
つまりボーナスを使用して遊べるゲームは限定されているので、好きなゲームを自由に遊びたいプレイヤーは、ボーナスは受け取るべきではないでしょう。

まとめ

この記事では、オンラインカジノのボーナスを受け取らないほうが良い4つのケースを説明してきましたが、参考なったでしょうか?
オンラインカジノのボーナスは、とてもお得でプレイヤーに恩恵があるサービスですが、引き出し条件に加え様々な制限が課せられるというデメリットもあります。
すでに説明してきたように、4つのケース一つでも当てはまる方は、オンラインカジノのボーナスを受け取らない方がいいと思います。
その一方で、オンラインカジノの初心者の場合は、ボーナスを使用してお試しプレイができるので、積極的に活用することをおすすめします。

初心者におすすめしたいルーレットの効果的な勝ちかた

「ルーレットを初めてプレイするけど勝ちかたを知りたい」と、初めてルーレットをプレイされる方の中には、勝ちかたにこだわっている方も多いかと思います。
確かにルーレットはギャンブルですから、勝ちかたを知りたいのは当然のことです。
ルーレットには様々な勝ちかた、攻略法が存在しますが、正直なところルーレット初心者には難しいものも多くあります。

そこで今回は、初心者におすすめしたいルーレットの効果的な勝ちかたについていくつかご紹介していきますので、是非参考にしてみてください。
ルーレット初心者でも今すぐ実践可能な簡単な攻略法ばかりですのでご安心ください。

勝率95%ベアビック法

勝率95%ベアビック法
ベアビック法は、ヨーロピアンルーレットの0~36までの数字のうち、35箇所にベットするルーレットの勝ちかたで、勝率は95%にもなります。
00のあるアメリカンルーレットですと勝率が下がりますので、ベアビック法を実践する歳には、必ずヨーロピアンルーレットを選びましょう。

ベアビック法でしたら、高確率で勝利しますが、配当は一箇所にベットした金額のみなり、例えば1ドルづつベットした場合の配当は1ドルとなります。
つまりコツコツを配当を積み重ねていく勝ちかたですので、一気にドカーンと勝ちたい方にはおすすめしません。

ただしハズレの5%を引いてしまうと、全てのベット金額を失うことになりますので、損失が非常に大きいのがデメリットです。
ベットする箇所が多いため、ランドカジノで実践するのは難しいですが、オンラインカジノでしたら問題無く繰り返し実践可能です。

最大144倍の超高配当フラワーベット法

最大144倍の超高配当フラワーベット法
フラワーベット法は、中心となる数字にベットし、その周囲を囲むように同額をベットするルーレットの勝ちかたで、最大144倍という超高配当を狙えます。
合計9箇所へのベットが必要になりますが、狙った数字が見事に的中することで144倍、周囲でも最低9倍、最大36倍にもなります。
フラワーベット法でプラス収益を得るためには、36倍以上が必要で、9倍の配当を得てもとんとんにしかなりません。

つまり配当を得られる確率は24%ありますが、プラス収益には13%とかなり低くなります。
やり方がとってもシンプルで、ルーレット初心者でも気軽に実践できますが、的中率が低いため、ある程度の資金を用意しておかなければいけません。
最大144倍を目指して、是非フラワーベット法を実践してみてください。

3倍配当を狙う2コラム・2ダズン法

2コラム・2ダズン法とは、コラムとダズンと呼ばれる3倍配当の場所に、それぞれ2箇所づつ同額をベットし、合計32箇所をカバーするルーレットの勝ちかたです。
コラムは、3~36、2~35、1~34まで3つ飛ばしで横並びとなっている箇所のことで、ダズンとは、1~12、13~24、25~36までのボックス型になっている箇所のことです。
それぞれ的中率は約33%で、概ね3回に1回は3倍の配当を得られる計算となります。
これら3倍配当の箇所に、2箇所づつ同額をベットすることで、的中率は約85%にもなり、少ない資金で長くプレイすることができます。
短時間で大きく負ける可能性は低いですが、その分大きく勝つ可能性もそれほど高くありません。
ただしルーレットでコツコツと稼ぎたい初心者の方には、大変おすすめの勝ちかたと言えます。

粘って粘って一攫千金一点賭け法

粘って粘って一攫千金一点賭け法
36個の数字の中から一箇所だけにベットし、一撃36倍を狙うのが一点賭け法で、的中率約1/36という狭き門を突破する必要のある攻略法です。
狙う数字を決めたら、36回1セットで毎ゲーム同じ数字にベットし続けます。
36回のうち1回でも低中すれば、その時点で勝利確定となり、複数回的中することで一攫千金も十分に可能です。
数字を決める際には、10回ほど空回しをして、その間に2回以上出た数字が、いわゆる「HOT数字」と呼ばれ、その後も立て続けに出る可能性が高くなります。
一点賭けは、的中率の低さが最大のデメリットですが、少額なら長くプレイできますし、的中した時の喜びが非常に大きな勝ちかたです。

まとめ

今回は、初心者におすすめしたいルーレットの効果的な勝ちかたについて4つご紹介させていただきましたが、どの勝ちかたもとっても簡単に実践できるとご理解いただけたかと思います。
高い勝率を狙うならベアビック法、超高配当を期待してのフラワーベット法、コツコツ稼ぐなら2コラム・2ダズン法、一攫千金の夢を狙うなら一点賭け法など、是非とも実践してみてください。
ただし注意点としまして、これらの勝ちかたは、実践中に一度でも法則を失敗したり、マイルールでアレンジをすることで、一気に崩れてしまいます。
大切なのは、決して焦ること無く、法則に従って正しく実践することです。

以上のように、ルーレットには効果的な勝ちかたが存在しますが、どれも100%確実に勝てるものではありません。
長くルーレットをプレイしていれば、最終的に胴元有利のペイアウト率に落ち着きますので、資金管理を徹底し計画性を持ってプレイすることが大切です。