ギャンブルの勝利金に対する確定申告対策

オンラインカジノと税金について

オンラインカジノと税金について

オンラインカジノを始める際に知っておきたいのが「税金」のことについてです。
オンラインカジノは、賞金額がとても大きいので、何度も遊んでいると多額の報酬を受け取ることが出来るケースも多いです。
こういった賞金に税金はかかってくるのかという点は気になるところです。

他のギャンブルもそうですが、稼げる人は稼げることが多く、税金のことについても知っておくことで、あとで焦ってしまう必要がありません。
そこで、オンラインカジノに税金はかかってくるの?ということについて今回はご紹介をしたいと思います。

オンラインカジノに税金がかかってくるのかどうかはあまり知られていないのでこれから始める方は知っておいてください。

オンラインカジノには税金がかかってくる

オンラインカジノには税金がかかってくるのかという問題ですが、オンラインカジノには実は税金がかかってきます。
どの分類になるのかということですが、オンラインカジノで得たお金は「一時所得」になります。

競馬や競輪で得たお金や懸賞金などの所得は全て一時所得になります。
しかし、宝くじについては、最初から税金が差し引かれています。

ここでギャンブルに詳しい方は「競馬にもパチンコにも税金なんか払ったことない」と言う人もいると思います。
しかし、実は競馬やパチンコ、宝くじなど、日本でできるギャンブルに税金のイメージはありませんが、全てに税金がかかってくることを知っておく必要があります。

オンラインカジノの税金を払わなければならない理由とは?

オンラインカジノの税金を払わなければならない理由とは?

普段から競馬やパチンコ、そして競輪などをやっている人で「税金を払ったことがない」という方もいるのではないでしょうか。
これは税金を払ったことはないからといって税金が発生していないというわけではありません。

これは、税務署が勝ち金のお金の流れを追求することが出来ないので「見逃されている」もしくは「曖昧になっている」というだけの話です。
実際はこれらの競馬や競輪も一時所得としてカウントされるので、大きく儲けた場合には、確定申告が必要となるのです。

そして、オンラインカジノの場合も一時所得となりますので、税金として確定申告をする必要があります。
オンラインカジノでなぜ税金を支払う必要があるのかと言うと、オンラインカジノはネット上のギャンブルですので、送金の際には銀行送金や小切手などを通して支払われることになります。
このため、税務署がお金の流れを突き止めやすく追求されやすくなります。

もしも税金を支払わずにいたら、税務署に追求されてしまうことになります。
したがって、オンラインカジノで一定の額を得ることが出来たら、それらは確定申告をする必要が生じてくるのです。
オンラインカジノの賞金については全て記録に残っているということを知っておきましょう。

オンラインカジノの確定申告について

オンラインカジノでは確定申告が必要となります。
しかし、納税するといっても自分で納税したことがない方も多いです。
また、企業勤めの方ならば企業側が税金関係の処理をまとめてしてくれます。
しかしながら、オンラインカジノの勝金はプレイヤー個人の収入ですので、自分自身で確定申告を行い納税する必要が生じてくることになります。

税金のかかる時期・申告時期についてですが、税金は、その年の1月1日から12月31日までに稼いだお金にかかってくることになります。
そして、その翌年の2月16日から3月15日の間に確定申告をすることを忘れないようにしましょう。

確定申告時期は決まっていて前年のすべての収入にかかってくるので、間違えないようにしましょう。

オンラインカジノの課税金額を算出するには

オンラインカジノの課税金額を算出するには

オンラインカジノの課税金額についてですが、一時所得の金額をまずは算出するようにしましょう。

収入金額から支出金額を差し引き、そして特別控除額である最高50万円を差し引いた金額になります。
また、会社員の場合は、20万円以上の収入があった場合に確定申告が必要となります。
つまり、オンラインカジノで70万円の収入があった場合に確定申告が必要になる計算となります。

そして、気をつけたいのが、ここでいう支出金額に損失額は含まれないことです。
オンラインカジノの損失額が大きいと支出金額に含めてしまいたくなりますが、そういったことはありません。
このため、基本的には勝つ度に課税されるということを理解しておきましょう。

オンラインカジノの確定申告で必要な書類とは?

オンラインカジノの確定申告には必要な書類があります。
まずは源泉徴収票が必要です。
これは、企業勤めの場合年末年始頃に企業から受け取るものになります。
そして、支払調書が必要です。
これは、年末年始頃に、オンラインカジノ側から受け取ることができます。
最後に、所得が300万円以下の場合は不要ですが、経費の領収書をきちんと置いておくようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です