オンラインカジノと他のギャンブルの違い

国営ギャンブル

法律上ギャンブルとはどのようなものなのか

ギャンブルは、のめり込んだ人の身を滅ぼし、社会問題に発展する可能性があるため、それぞれの国によって規制するための法律が存在します。
日本でいうと、それは賭博法という法律にあたります。賭博法の上では、日本国内では国が認めた、いわゆる「国営ギャンブル」でなければ賭けを行った時点で賭博法違反となり罰則の対象になってしまいます。
ちなみに、日本で認可されているギャンブルというのは、宝くじ、競馬、パチンコ、スロットなどです。これらは政府が認可して行っているギャンブルですので、イカサマが心配はありません。
また、ギャンブルを行った人が全員負けてしまうというような配当金の偏りが出ないように調整するように日本が法律で決めています。
例えばパチスロであれば、台によって勝ちやすさわかりますが、全ての台を勝ちにくい台にしてしまうと、来たお客さんは誰も勝てなくなってしまい、店側が一方的に利益を得るという形になります。こうした形を日本の法律では禁止していますので、必ず勝つ台がどこかにあるという保証が存在するのです。

サイコロ

オンラインカジノは国営ギャンブルではない

日本で楽しめるギャンブルは様々なものがありますが、ほとんどが上記の国営ギャンブルです。
しかし、ひとつだけ賭博法違反にならずに日本国内で楽しめる国営ギャンブル以外のギャンブルが存在します。
それは、オンラインカジノです。オンラインカジノは、日本が法律上認可しているギャンブルではありません。そもそも日本は、カジノ自体を法律で認可していません。そのため、もちろんオンラインカジノも、本来法律上は違反しているという形になります。
しかし、法律違反になるのは、日本国内にそのオンラインカジノのサーバーが置かれていた場合の話です。海外にサーバーが置かれている場合、カジノ自体が海外で行われているという形になるので、賭博法の影響が及ばない場所になってしまうのです。日本人が海外に行って海外でカジノに遊びに行っているようなものです。実際のところ、本人は日本国内にいるので、グレーな部分はありますが、そのオンラインカジノが存在するサーバーのある国がそのオンラインカジノを認可しているということです。
中には、その国の認可を得ずに勝手に運営しているオンラインカジノもあるようです。そういったオンラインカジノは悪質なものや、詐欺を働いているもの、イカサマを働いているものなどがあるようなので、もしオンラインカジノで遊ぶ際にはその国の認可を得て運営しているのかどうかという部分を確認してから遊ぶようにしましょう。