オンラインカジノと法律

違法か?合法か?

オンラインカジノは合法なのか違法なのか

日本人でも楽しんでいる方が増えているオンラインカジノ。しかし、「周りの皆みんながやってるから」といって、自分も気軽に始めるのは少し怖い部分があります。なぜなら、日本では賭博行為が賭博法という法律によって禁止されているからです。国営ギャンブルである競馬や競輪、パチンコ、スロットなど以外の賭博行為をしてしまうと、賭博罪という罪に問われてしまいます。もちろんカジノもその範囲の中です。ということは、オンラインカジノも賭博法の上では違法ということになりそうですが、必ずしも罪に問われるというわけではありません。
むしろ、日本国内でオンラインカジノをプレイして罪に問われた人は今のところ1人もいません。それはなぜなのでしょうか?

対応する法律が存在しないオンラインカジノ

賭博法という法律ができた当初、インターネットというものの存在は可能性の範囲に含まれていませんでした。そのため、基本的に賭博法が罪に問える範囲というのは、日本国内で賭場が開かれ、そこで実際にお金をかけた何らかのゲームが行われた場合のみです。実際にカジノにあるようなルーレットやポーカー、ブラックジャックなどをお金をかけて行ってしまえばそれは完全にアウトということです。
しかし、オンラインカジノはその名前の通り、オンラインです。つまり、インターネット上のシステムがゲームを行っているということです。そして、このゲームを行っているサーバーは日本ではなく海外に存在します。そのため、日本の賭博法という法律が裁くことができる範囲を超えてしまっているため、現代はほぼ黙認されているという状態が続いています。賭博法という法律が今後整備され、オンラインカジノも禁止される可能性がゼロではありませんが、ヨーロッパでは爆発的な人気を得ているゲームですし、大手のスポーツクラブのスポンサーになっている企業がオンラインカジノを経営していたりという事を考えると、その可能性は低いでしょう。

オンラインカジノ事件

オンラインカジノで実際に起きた事件

2016年に、日本国内でオンラインカジノをプレイしたプレイヤーが逮捕され起訴されるという事件が起きました。これは、海外のサーバーを使ったオンラインカジノなので、本来であれば賭博法の範囲が及ばない部分の出来事です。
しかし、その事件が起きたスマートライブカジノというカジノは、ディーラーが日本人で、チャットも日本語でできるという完全に日本人に合わせた内容になっていました。さらに、自分以外のプレイヤーがどれだけの額のお金をかけてプレイしているのかということも公開されているスタイルだったため、賭けを行ったかどうかということが、そのオンラインカジノに足を運んだ人には全て見えるという状態になっていました。
これが逮捕されてしまった原因ではないかと言われてしいます。しかも結局不起訴に終わっていますので、罪に問われたわけではありません。このような事件があったということどう捉えるかは人それぞれですが、少なくとも、オンラインカジノで遊ぶ際には、スマートライブ風のないような日本人向けに特化しすぎたサイトには注意をしたほうがいいかもしれません。