オンラインカジノと他のギャンブルとの違い

オンラインカジノの運営会社

オンラインカジノではカジノライセンスを取得した会社が運営しています。
カジノライセンスの審査を行っているのが、発行国の政府です。
イギリスやマン島、ジブラルタル、キュラソー島、マルタ共和国、フィリピン、ドミニカ、コスタリカ、パナマなどカジノライセンスを発行する国の政府は様々です。
カジノライセンスを取得していないオンラインカジノは信頼性が低いために避けた方が賢明です。
オンラインカジノの運営会社は旅行やホテル、航空などの大企業または子会社が多く見られます。
株式上場している大企業も中には見られます。
リアル店舗にて営業を行うランドカジノを運営している会社がオンラインカジノも運営していることがあります。

他のギャンブルとの違い

日本には競馬や競輪、競艇、オートレースと言った公営ギャンブルがあります。
オンラインカジノには有料ゲームがあり、日本に居ながらカジノゲームでギャンブルが出来ると言う特徴があります。
日本の公営ギャンブルではパリミュチュエル方式を導入しています。
パリミュチュエル方式は売り上げから一定割合を配当に回すと言う仕組みになっています。
ギャンブラーが投票券などを購入するとそれが興行主への売り上げになります。
その売り上げの中から配当に回すと言った仕組みの関係上、パリミュチュエル方式では興行主が損することがありません。
勝利したギャンブラーも存在すれば負けたギャンブラーも存在します。
売り上げ以上の配当は発生しないのがパリミュチュエル方式です。
この一定割合のことを控除率と呼んでいます。

日本の競馬の場合、馬券の種類によって払戻率が異なります。
単勝や複勝では80%、枠連や馬連やワイドでは77.5%、馬単や3連複では75%、3連単では72.5%、WIN5では70%が払戻率となっています。
つまり控除率は20%から30%と言うことです。
控除率20%で売り上げが1億円あった場合、8千万円が勝ったギャンブラーへの配当に回されます。
残りの2千万円は興行主に入り、競馬の運営費用に回されます。
控除率30%ではギャンブラーに回している配当は7千万円です。
そのため控除率が高くなるほどギャンブラーが負けやすくなる訳です。

オンラインカジノにも控除率と言う仕組みがあります。
しかし競馬ほど高い控除率ではありません。
カジノゲームや賭け方にもよりますが、控除率は数%ほどとなっています。
90%以上はギャンブラーへの配当に回されています。

なぜ控除率を低く出来るの?

パリミュチュエル方式の場合、前述したように興行主が損することはありません。
しかし売り上げが低いと運営費用全て賄い切れないことがあります。
しかしオンラインカジノでは世界中にプレイヤーが存在しており、売り上げが多くなり易いのです。
その他に大きいのが競馬や競輪、競艇、オートレースよりも運営費用が安いと言う点です。
オンラインカジノではソフトウェアでカジノゲームを提供することが可能です。
ソフトウェア会社への費用が発生しますが、実機を何台も導入するより安上がりです。
さらに必要な従業員も少なくて済むため、人件費も抑えることが可能です。

オンラインカジノは1994年には登場していたと言われています。
現在では数千ものオンラインカジノが登場しました。
どのオンラインカジノを選ぶのか、それはギャンブラーの自由です。
他のオンラインカジノ運営会社より、配当を低くしてしまうと競争に負けてしまいます。
このような理由から控除率が低くなり、配当に回す分が多くなりました。

本当に配当に回しているの?

オンラインカジノで気になるのが本当に配当に回しているのかです。
カジノゲームに勝っても配当に回してくれないのでは意味がありません。
ソフトウェア会社が制作しているカジノゲームにはRandom Number Generatorと言う乱数発生プログラムが導入されています。
オンラインカジノ運営会社が一方的に儲かるように操作すると言った不正は出来ない仕組みになっているのです。
ギャンブラーに配当を回しているかどうか、オンラインカジノ運営会社は第三者機関から監理を受けています。
払戻率もサイト上で公開しているため、ギャンブラーがカジノゲームに勝てばきちんと配当が受けられます。

どんなリスクがあるの?

ギャンブルにはリスクが付き物です。
これはオンラインカジノの有料ゲームでも同じとなっています。
ギャンブルのリスクと言うとまず思い浮かぶのが依存症です。
負けても取り返そうと言う気持ちが大きい、家族にギャンブルしていることを隠している、ギャンブルのことで喧嘩になったと言う方は注意が必要です。

その他にも賭博罪に問われるリスクがあります。
公営ギャンブルは合法のために賭博罪に問われる心配はありません。
しかしオンラインカジノはグレーゾーンと言った関係上、日本人プレイヤーにはリスクがあります。
お小遣いの範囲でギャンブルし、勝った負けたことをブログなどで公開しない限り、賭博罪に問われる心配は少ないです。
ですが100%問われないと言う保証はありません。

オンラインカジノの安全性について書いてみる

安全性・個人情報
オンラインカジノの安全性
オンラインカジノに登録するときは、メールアドレスや名前などの個人情報を入力します。プライバシー保護はどう運営されているのでしょうか?プレイテックでは以下のようになります。

ウェブサイト情報

ウェブサイトにアクセスするとIPアドレスが自動的に記録されます。これは、アクセス統計を取るためです。これはインターネットマーケティングの一環とし て、オンラインカジノのみならずやっていることです。メールアドレスなどその他の情報はもちろん記録されませんのでご安心ください。

アカウント作成情報

アカウント作成時に入力された情報は厳守されます。

この情報にはメールアドレスと個人情報が含まれています。提供された個人情報はユーザーへの小切手の送付、ユーザーが要求する情報を送る時などの限られた目的にのみ使用されます。

Eメールアドレスは営利、非営利を問わず、他の組織と共有される事はありません。Eメールアドレスはチップ購入、引き出しの報告や、新しいソフトウェアのアップデート、プロモーション、および様々なカジノ運営に関する情報などをユーザーに知らせる時にだけ使用されます。

オンラインカジノからメールを受け取りたくない場合は、件名に「remove」と記載した本文空白のEメールをオンラインカジノ宛てへお送ってください。

賞金

獲得賞金と引き出しに関する情報はオンラインカジノによって厳重に保管されています。賞金情報は安全な保管環境で管理されており、法律、条約および政府や法的機関による公開要求がない限り厳重に保管されます。

安全性

オンラインカジノでは最先端のシステムを採用し、ユーザーの情報を常に安全に管理しています。すべての情報は取引の際には暗号化して送られ、オンラ インカジノのサーバーに保存された後も最新のファイアウォール技術(組織内のコンピュータネットワークへ外部から侵入されるのを防ぐシステム)によってそ の安全性は維持されます。また、全ての財務処理は、最先端の会計処理システムを用いて行われています。 このシステムでクレジットカードを使うことは、実際には地元の商店でカードを使うより安全と言われています。ウェブサイト、ソフトウェアでは、使用可能な あらゆる手段を用いて情報の正確性とプライバシーを保護し、情報の悪用又は消失を防いでいます。

オンラインカジノの監査機関 eCOGRA
オンラインカジノの監査機関 eCOGRA
eCOGRA(イーコグラ)とは
eCOGRA(イーコグラ)とは e-Commerce and Online Gaming Regulation and Assuranceの略で、2002年に創設されたオンラインゲーミング規制・保障・調停を行う非営利団体(NPO)の名称です。

ECOGRAの具体的方針

オンラインカジノをはじめとしたオンラインゲーミングにおいて

・公正な支払いがなされているか
・ゲームの勝敗決定がランダムに行われているか(※店側が勝率を変更してはならない)
・公正な宣伝広告が行われているか
・サポートがきちんと行われているか
・マネーロンダリングなど不正な資金の流れがないか

などを判断し、プレーヤーと店の間でトラブルが起こった場合には調査を行い是正措置を勧告するというオンラインカジノプレーヤーにとってはとてもありがたい存在です。商品にたとえるとJISマークみたいなものでしょう。eCOGRAの認定を受けているカジノで遊べばまず安全だということを示しています。 eCOGRAの認証を受ける用件は様々ですが、ここで一例をあげると

・クレジットカードでの入金が行われた場合、本人確認を厳密に行う。本人に電話確認をしたりクレジットカードのコピーを送ってもらったりする
・スロットの還元率は92%を超えなければならない

などが挙げられます。

ECOGRA認定ではないカジノは危ないの?

ただし、eCOGRAが絶対的な権限を持っているわけではありません。調査出来るのはeCOGRAに加盟している運営会社であり、eCOGRAに加入していないプレイテック社のソフトウェアを使っているオンラインカジノについては調査の対象外となります。だからといってプレイテック社を使っているカジノは危ないというわけでもありません。このサイトで紹介されているカジノはすべて安全です。 また、単純に審査の厳しさという点だけで見ると、英領ジブラルタル(Gibraltar)、英領チャネル諸島オルダニーが発行しているライセンスの方が厳しいとも言われています。 そういった意味でカジノオンネット、ゲーミングクラブ・ジャパンはeCOGRAと審査の厳しいライセンスの両方をもつ一番安心して遊べるオンラインカジノだといえますね。 現時点では、認定されているのはマイクロゲーミング系(Microgaming)とランダムロジック系(Random Logic)のソフトウェアを使っているオンラインカジノがほとんどで、オンラインポーカーはPokerRoom.comなどしか認定されていなません。